« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013/03/30

吉松隆の時代 ~還暦コンサートを聴いて(其の参)

第3部は、おなじみ大河ドラマ『平清盛』の音楽からテーマ曲など7曲が演奏された。これを目当てに来場した人も多かったに違いない。観客席を眺めていると、曲に合わせて頭や体を動かしている人があちらこちらに見受けられた。

昨年の大河ドラマは視聴率の面では芳しくなかったようだが、ドラマの質は過去最高の部類に入ると思ったし、吉松氏の音楽が果たした役割は大きい。それは、先ごろ「第67回日本放送映画藝術大賞」の放送部門「最優秀音楽賞」に選ばれたことでもわかるだろう。東フィルの演奏は、「テーマ曲」の爆走感こそNHK交響楽団に今一歩譲るが、ドラマの雰囲気を彷彿とさせる名演。さずが劇中の付帯音楽の演奏を担っただけのことはある。

その中でも「情歌」は、番組中の何度も登場した「固定楽想(idée fixe)」ともいえる印象的な曲で、先日、NHK-FMで放送された冨田勲&吉松隆の鼎(てい)談番組の中でも冨田氏から、「ストリングスがつくりだす絶妙な”間”が、日本を強く感じさせる」と絶賛されていた。弦楽器が奏でる哀愁を帯びた旋律は、聴く者の心を大きくゆさぶる。

そして、いよいよ最後のプログラム、コンサートのクライマックスとなる『タルカス』である。エマーソン・レイク&パーマーが1971年に発表したプログレッシヴロックの名曲。2010年、この曲を吉松がオーケストラ用に忠実に編曲し、大きな話題となった。大河ドラマ『平清盛』の中でも非常に効果的に使用されていた。

「よしゃ!」という気合を発して指揮者がステージに現れる。プログラムでは第2部と第3部を演奏すると書いてあったが、ひょっとしてこれ、ほぼ全曲に近い演奏じゃないの? とにかく恐るべき名演。先に発売された初演時のライブCDや『題名のない音楽会』での演奏を上回る迫力とスピード感。終曲「アクアタルカス」で頂点に達し、圧倒的な高揚感の中で曲が終わる。

終わるやいなや、客席から巻き起こる悲鳴のようなブラボーの嵐。顔を紅潮させたキース・エマーソンが、吉松氏に手を引かれて客席からステージ上に登壇すると、さらに割れんばかりの拍手が…。キースは客席に向かってガッツポーズし、指揮者と抱擁。まさに感無量の面持ち。観客席は総立ちで、キース・エマーソンと吉松隆への嵐のような拍手は鳴り止まない。するとおもむろにキースがステージ下手のピアノに向かって歩きはじめる。どよめく客席。『タルカス』のモチーフを左手に『Happy Birthday』を演奏し始めると大きな歓声が!

サプライズは続き、指揮者の合図でオーケストラも『Happy Birthday』を演奏し始める。すると、ステージ上に大きなバースデー・ケーキが運ばれてきた。ケーキには白地にチョコレートで「祝還暦 吉松隆様」(←だったと思う)と書かれたの文字が見える。女性アシスタントから「赤いちゃんちゃんこ」と「ずきん」を手渡され、着るように促されると素直に従う笑顔の吉松氏。客席からは笑いと万来の拍手が…。演奏者やゲスト、何よりホールを埋めた超満員の聴衆から温かい祝福を受ける吉松氏。まさに作曲家人生「最高の瞬間」ではなかったかと思う。


Yoshimatsuconcertleaf


カーテンコールを経て、コンサートはようやく終了。時計を見ると18時50分!これは予約していた19時40分の新幹線にギリギリ間に合うかどうかといった微妙な時間。明らかに無理な時間なら諦めもつくが、こういう中途半端な時間がいちばん困る…と嘆きつつ、とりあえず間に合う努力をしてみようと決心する。

興奮冷めやらない会場に後ろ髪を引かれながら、そそくさとホールを後にしてアプローチを全速力で駆け抜け、京王新線のホームへ到着。しかし努力の甲斐むなしく電車は出たばかり。焦る気持ちを抑えながら、やっとのことで乗車し、新宿駅で山手線に乗り換える。車内のDPで品川駅到着時刻を確認すると何と19時36分。またもや全速力で新幹線ホームを駆けるはめになる。そして、何とか当初の予定どおりの新幹線に間に合い、動き出した新幹線の座席で、ほっと一息。購入した著書『作曲は鳥のごとく』や演奏会パンフレットをパラパラとめくりながら、ようやくコンサートの余韻に浸ることができた。


「作曲は鳥のごとく」(春秋社)

Yoshimatsubook


休憩時間を含めて4時間にも及ぶコンサートは、こうして過ぎていった。まさに一期一会の出来事で、ファンの一人として、歴史的瞬間に立ち会うことができ、終生忘れられない一日となった。

それにしても、現代日本の作曲家のコンサートが、これほどまでに大きな盛り上がりを見せたのはなぜか。いくつかの要因が考えられるが、とにかく今回のコンサートは、絶妙のタイミングでの開催だったことがわかる。プログレの名曲『タルカス』をオーケストラ曲として編曲・発表した話題性。昨年(2012年)には大河ドラマの音楽を手がけ、その素晴らしさが大きな反響を呼んだ(前述の『タルカス』も番組内で使われた)。各種メディアへの露出も増え、吉松氏に対する世間の認知度が一気に高まった。ラジオ番組の司会、『題名のない音楽会』や『らららクラシック』へゲスト出演し、その分かりやすい解説と親しみやすいキャラクターが注目されるなど、これらの相乗効果が、吉松ファンを一気に増加させたことは間違いないだろう。

しかし何より、吉松隆の音楽が持つ本来の魅力。一般大衆の耳に優しく、しかも心に強く訴えかける力を持つ彼の音楽に、クラシック音楽ファンのみならず多くの人たちが気づいたことが最大の要因であろう。モーツァルトやベートーヴェン、ブラームスなど過去の大作曲家の音楽も、もちろん素晴らしいが、同時代に生きる作曲家を応援できる喜びは、また格別なものだ。

吉松隆ファンで本当によかった!


【追記】

この演奏会の模様は、来る5月1日、BSプレミアムの『クラシック倶楽部』で放送予定との告知が出口付近に掲示されていた。感動の記憶を再びよみがえらせることができるのは喜ばしいが、実質約3時間半にも及ぶ内容を、たった1時間の番組では寂しい。できれば後日改めて、日曜深夜の『プレミアムシアター』などでの放送を強く希望したい。それだけ価値のある、素晴らしいコンサートだったことは間違いないのだから。


※一部、敬称は省略させていただきました、ご了承ください。

2013/03/24

吉松隆の時代 ~還暦コンサートを聴いて(其の弐)

春分の日の3月20日、「吉松隆還暦コンサート」のために新幹線で東京へ向かう。

当日は午後3時からのコンサートだったので、時間的には十分ゆとりをもって自宅を出ることができた。
《鳥の響展》と題されたこのコンサートは3部構成で、チラシによると終演予定は午後6時。つまり、約3時間たっぷりと吉松作品が聴けるというファンにはたまらない企画だ。

吉松隆氏のホームページによると、当日の会場では、初の自伝『作曲は鳥のごとく』が販売され、購入者には何か特典が用意されているということだった。特典とはサイン会のことだろうと推測し、帰りは大幅にゆとりをもった計画を立てることにした。

品川駅から山手線に乗り換え、新宿駅には予定通り12時半過ぎに到着。会場である東京オペラシティ(東京都新宿区)までは2キロ程度、ウオーキングも兼ねて歩くつもりだった。(隣の新国立劇場には、かつて歩いた経験がある)だが、この日は季節外れの陽気で、もし歩いて会場に着いたとしても、汗だく状態で演奏に集中できず、おまけに疲れて睡魔にでも襲われたら、せっかくのコンサートも台無しになると考えて、駅前で昼食をとった後、京王新線で会場に向かうことにした。

初台駅を降り、いざ会場へ。

Tokyooperacity


東京オペラシティ(東京都新宿区)を訪れるのは確か3回目だと思うが、かれこれ十数年ぶりだ。

Tokyooperacity2


開演1時間前にもかかわらず、3階のコンサートホール前には、すでに多くの人だかりができていた。

Tokyooperacity3


14時30分、開場の合図とともに、どっと人が動いた。

Tokyooperacity4


ホワイエを入ったところに、お祝いの花がいくつか。

Tokyooperacityflowers


そして、右手の電話コーナー前にも。

Tokyooperacityflowers2


まずは著書の販売コーナーに直行。すでに大勢の人だかりができていて、吉松氏の自伝は、まさに「飛ぶように」売れていた。


Tokyooperacity5


事前に予告されていた特典は、書籍に挟まれていた吉松隆氏の直筆サイン入りカードだった。自作のイラストとともにベートーヴェン『第九』の「歓喜に寄す」の一節「Alle Menschen werden Brüder , Wo dein sanfter Flügel weilt.(汝の柔らかい翼が留まるところで すべての人々は兄弟となる)」が記されていた。この日、会場に集うファンへの感謝の想いが込められた粋な贈り物だと思った。


Yoshimatsugift


自伝を購入後、しばらくホワイエをうろうろする。歴史的瞬間の目撃者の一人として、その空気に浸りたかったからだ。作曲家の西村朗氏、早稲田大学教授の小沼純一氏、音楽評論家の片山杜秀氏ら著名人の姿を目にしてミーハー気分も味わったが、『タルカス』の作曲者でもあるキース・エマーソン(!)とすれ違ったときは、さすがに心臓がバクついた。

僕の座席は、ステージ上手の2階席。ここからは演奏者だけでなく観客席の様子が手に取るように分かる。ふと客席を見下ろすと、真ん中あたりに赤いハンカチを胸にした作曲者の吉松隆氏、その右隣にはさきほどのキース・エマーソンの姿が見えた。何というすごい光景だろう。まさに「アンビリーバブル」だ。

すでにチケットは「完売」とのことで、客席は満席。世代も若者からお年寄りまで幅広く、これは一人の現代日本の作曲家のコンサートとしては、前代未聞のことではないだろうか。ステージ上を含めて、マイクが何台もセットされていることからみると、ライブCD化の可能性もあると思われる。また、客席やステージには、テレビカメラが何台も…。これはNHKのクルーらしい。

第1部は、ピアノソロやデュオ、アンサンブルの作品集。吉村七重の二十絃箏&長谷川陽子のチェロによる『夢詠み』に始まり、田部京子と小川典子による『ランダムバード変奏曲』に至るまで、吉松氏のインティメートで変化に富んだ作品の数々が、多彩な顔ぶれの演奏家たちによって、次々と演奏された。

例えば、ハープと弦楽合奏の調べに乗って独奏チェロが奏でる『夢色モビール』の幻想的でパステルカラーのような色彩感! 『タピオラ幻想』から「水のパヴァーヌ」では、舘野泉氏による鬼気迫るようなピアノソロ。最後の『ランダムバード変奏曲』は、さまざまな演奏技法が駆使されることで知られるが、第4変奏「鳥のコラール」の静謐な美しさと第5変奏「グロテスクな鳥の踊り」におけるクラスターを多用したダイナミックな展開。そのコントラストに圧倒される。これらの曲はCDで親しんできたものがほとんどだが、実演から受ける感銘は、それらをはるかに上回るものだった。最後に、すべての演奏者がステージに集合し、客席の吉松氏とともに大きな拍手が贈られた。それにしても今日の聴衆の拍手には、何かすごく「温かさ」を感じる。

第1部が終了した時点で、午後4時20分。この調子でいくと、終演は予定時刻の午後6時をオーバーすることは間違いない。若干の不安が心をよぎる。「まあ、多少の遅れは大丈夫だ。サイン会が開催されないことは分かったし、余裕だろう」 と思い直した。しかし、演奏会終了後、それが甘い考えだったことを思い知ることになろうとは…。

休憩中、2階から1階のCD・楽譜の販売コーナーを眺めると、多くの人が殺到している。第1部であれほど素晴らしい演奏を聴いた後だから無理もないと思った。長年のファンである僕としては、喜ばしい反面、少しだけ寂しい気持ちも…。


Tokyooperacity6


20分の休憩が終わり、席に戻って客席側に目をやると、吉松氏の席の通路を挟んだ左隣に冨田勲氏の姿が見えた。ここ最近、ラジオ番組等を通して交流を深めている両氏。大河ドラマの音楽担当者として、慶応大学の先輩・後輩として、そして何より、難解な現代音楽全盛の時代、聴衆に寄り添い美しいメロディーを作り続けた作曲家同士、共鳴する部分も多いのであろう。吉松氏はかねてより、最も影響を受けた日本人作曲家として武満徹とともに、冨田氏の名前を挙げている。

やがて吉松氏が席に戻るとキース・エマーソンに冨田氏を紹介、両者ががっちりと握手している光景を目撃することができた。「世界のトミタ」の存在は、キースもよく知るところであろう。

第2部が始まる。1曲目の『鳥は静かに…』は、弦楽合奏のための単一楽章の作品。「吉松トーン」とでも呼ぶべき叙情的な魅力が横溢する名曲。2階から俯瞰していると、ヴァイオリンの弓が、さざ波のように動く。途切れ途切れのゆったりとした旋律は、まるで鶴の羽ばたきのようにも感じられる。旋律が上昇線をたどり頂点に達する部分は、夕日の光の中に消えてゆく姿を観るようだ…。

続いて演奏されたのは、吉松氏の代表作の一つである『サイバーバード協奏曲』。サクソフォンのソロとともに、ステージ上手前方には、ピアノとドラムパーカッションが配置されている。彼の作品の中でも、とりわけオリジナリティが際立つ作品で、初演以降、世界各地で演奏され続けている。サクソフォンの特性がこれほど生かされた協奏曲は、かつて存在しなかったといってよいだろう。第1楽章のテュッティでは、まるで大量のアゲハチョウが一斉に羽ばたく瞬間を見ているかのごとく鮮やかだ。この色彩感、恍惚感はスクリャービンを凌駕している! そして「悲の鳥(Bird in Grief)」と題された第2楽章の、瞑想的で悲痛な調べ。作曲当時、最愛の妹を亡くした吉松氏の心情が反映されている。そして第3楽章は、まさに疾走する鳥。身体を紅潮させ、叫び声を上げながら、天空に向かってひたすら上昇してゆく。


吉松隆「サイバーバード協奏曲」ほか(シャンドス)

Yoshimatsucd4


第2部最後には、作曲家25歳の幻のデビュー作『ドーリアン』が演奏されたが、ステージの準備が整うまでの「場つなぎ」として行われた指揮者の藤岡幸夫氏とソリストの須川展也氏とのトークでは、藤岡氏が、

「吉松作品に出会って、人生の半分をかけてもいいと思った。全部はもったいないけど」
「ここであまり吉松さんを褒(ほ)めても、つまらないし…」
「この『ドーリアン』は、ストラヴィンスキーの『春の祭典』が風邪を引いたような曲で…」(←会場爆笑)

などと、吉松作品へのさまざまな想いを語った。

始めて聴く『ドーリアン』という曲は、(作曲者は否定しているようだが)ストラヴィンスキーに強い影響を受けたことが明らかで、冒頭から大編成のオーケストラのパワーが炸裂。3拍子を基本として、拍子や場面がめまぐるしく変化する「尖った」作品だ。クライマックスで弦楽器がドーリアの響きを奏でる箇所は、後年の作品を予感させる。まさに「ロック・シンフォニー」とでも呼びたい作品。(前述のトークでも言及されていたが、この演奏はCD化される可能性が大だ)

なお、熱演の東京フィルハーモニー交響楽団のメンバーには、コンサートマスターの荒井英治氏をはじめ、「飛騨高山ヴィルトーゾオーケストラ」でもおなじみの顔ぶれが数多く出演していて、僕的には、すごく親近感を持った。

第2部の終了時点で、腕時計の針は午後5時40分を指している。この調子だと終演時間は大幅に遅れて、いよいよ午後7時になる可能性も出てきた。休憩時間のホワイエでは、おそらく同じ心配をしているのだろう。「よわったなあ…」と何度もつぶやきながら、必死に携帯電話を操作している人を見かけた。

僕自身も、時間に余裕をもってスケジュールを組んでいたつもりだったが、予約した19時40分品川発の新幹線には間に合わないかもしれない。しかし、この一期一会の素晴らしい演奏会の前では何のこともない。遅れたら遅れた時と、腹をくくるだけのことだ。


其の参に続く)


※一部、敬称は省略させていただきました。ご了承ください。

2013/03/23

吉松隆の時代 ~還暦コンサートを聴いて(其の壱)

春の到来とともに、心待ちにしていたコンサートを聴ける日がやってきた。それは、3月20日に東京オペラシティ コンサートホール(東京都新宿区)で開催された「吉松隆還暦コンサート」である。

僕と吉松作品との出会いは、おそらく「日本の現代管弦楽作品集」という3枚組のCDに入っていた『朱鷺(トキ)に寄せる哀歌』だった気がする(明確には憶えていない)。曲のクライマックスで、ヴァイオリンが次々に朱鷺の鳴き声を模する部分では、あまりの美しさと哀しさに軽い目まいを覚えるほど感銘を受けた。

また1991年に発売された「鳥たちの時代」という吉松隆作品集も、当時かなり夢中になって聴いたCDで、昔、地元で開催されたイベントで、指揮者の大友直人さんと少しお話しする機会があり、吉松隆という素晴らしい作曲家がいてCDも出ているとお伝えしたら、「あのCDには、僕の指揮した演奏も入っているよ」と言われて冷や汗をかいた記憶がある。いずれにしてもファン暦は、かれこれ20年以上になることには違いない。


「鳥たちの時代」(カメラータ・トウキョウ)

Yoshimatsucd3


実は、この「吉松隆還暦コンサート」が開催される2日前の18日にも、同じ新宿で開催された別の演奏会で、吉松氏の作品を聴く機会に恵まれた。急きょ仕事で1泊2日の東京出張の予定が入ったため、「せっかくだから、何かコンサートにでも行けたらいいなあ…」とぼんやり考えながら、吉松隆氏のホームページをのぞいてみたところ、ピアニストの河村泰子さんが吉松作品を弾くコンサートの告知が目に飛び込んできた。何たる奇遇!これはぜひ、予定をつけて聴きに行かねばと思って、さっそくチケットを購入した。

当日の東京は、天気予報によると雨となっていて少し心配だったが、小雨程度にとどまったのは幸いであった。1日目の仕事を終えて、会場のドルチェ楽器東京店(東京都新宿区)に向かい、開演の約20分前に到着。このアーティストサロンは百人程度のスペースだが、熱心なファンで、ほぼ満席に近い状態だった。

このコンサートは、トロンボーン奏者の村田厚生氏とのデュオリサイタルで、河村泰子さんとは(財)地域創造のアウトリーチ事業での共演がきっかけとのこと。プログラムでは、デュオの合間に河村泰子さんによる吉松作品のピアノソロ演奏が挟まれ、今回は『4つのロマンス』、『6つのヴィネット』、『青い神話』が演奏された。かねてより吉松作品の演奏に定評があり、響きの余韻を大切にした繊細な音色がとても美しい。

作曲者から作品を献呈されている彼女は、

「吉松作品は、譜面を見ると簡単そうにみえるけど実は難しい」
「演奏する側の心がピュアじゃないと…、すべてが音に出てしまう」
「吉松さんから、今の演奏には”オバサン”が入っている、とダメ出しされたことがある」

など、興味深い小話を交えて演奏。ちなみに当日は、ちょうど吉松氏60歳の誕生日で、数時間前のリハーサルには作曲者も顔を出されたらしい。

この日は僕にとって、吉松作品を聴くことが目的ではあったが、トロンボーンとの異色の共演も、想像以上に楽しむことができた。村田氏の語りを交えながらのピアソラ、ワイル、レハール作品の演奏。後半では、溝入敬三の『天使とトロンボーン』という曲が演奏され、小ネタを交えた寸劇を見ているような面白さだった。客席には作曲者も来場されていて、さかんな拍手が贈られていた。


Dolceconcert


外は小雨が残り、けっこう風も強かったが、満たされた気分で会場を後にすることができた。明後日の「還暦コンサート」への期待も、ますます高まったことは言うまでもない。

其の弐に続く)


【参考音源】

吉松隆『6つのヴィネット』から、第2曲「時のロマンス


※一部、敬称は省略させていただきました。ご了承ください。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Twitter

無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット