« 晩秋のラフマニノフに「一期一会」を想う | トップページ | 愛好家の領域を超えていく人たち »

2011/11/30

来日する海外アーティストたち、それぞれの事情

先日、NHK-BSプレミアムで放送されたウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の来日公演を観ていて、ふと思った。

「何か変だ…」

オーボエ・パートに見慣れない女性奏者がいる。ほかにもヴァイオリンをはじめ、すでに退団したはずの顔ぶれが現役団員に混じって演奏しているではないか。

この疑問は、すぐに氷解した。福島第一原子力発電所の事故による放射能汚染を懸念して来日を辞退した団員が、若手奏者を中心に相当数いるとのこと。そこで急きょ、退団していたOBや他楽団の団員を招集し、今回の公演に間に合わせたらしい。

コンサート自体は、ソリストのラン・ラン、指揮者のエッシェンバッハともども、なかなかの熱演だったし、公演実現のために奔走された関係者の努力に敬意を表したいが、それでも、何か複雑な感情が沸き上がるのを抑えることができなかった。


今年は、東日本大震災の発生とそれに伴う原発事故に伴い、多くの海外アーティストが来日を取りやめた。春のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン、メトロポリタン・オペラのアンナ・ネトレプコ…。

とりわけ僕がずっと楽しみにしていた5月のアンネ=ゾフィー・ムターのヴァイオリン・リサイタルは、当初、予定通り開催されると聞いていたが、結局、中止になり、チケットが払い戻しになってしまった。(3月のイアン・ボストリッジも同様)

他にも、ウィーン少年合唱団やドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団をはじめ、多くの海外アーティストが来日を取りやめたが、これはドイツやイタリアをはじめとするヨーロッパ諸国の、日本への渡航制限(自粛要請?)が影響していることは間違いない。「日本中が強い放射線にさらされている」という誤解は、われわれ日本人の想像以上に広がっているようだ。

しかし、10月のベルリン放送交響楽団やザールブリュッケン・カイザースラウテン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団(名前が長い!)は、通常どおり来日したし、つい先日のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団も、トラブルはなかったと思う。ベルリン・フィルの場合は、コンサートマスターの樫本大進をはじめ、日本人団員が何人か在籍していて、そうした不安が払拭されているのかもしれない。

たとえ来日したとしても、自国から飲料水を調達したり、食事の放射線量の測定をしたりして安全を確保しようとしている団体もあるようで、信頼できる情報が少ないために、過剰に神経質にならざるを得ないのかもしれない。そしてその影響は、現在も続いている。

Hukushimadaiichiphoto


このような状況の中で、4月に来日した世界的テノール歌手プラシド・ドミンゴは、コンサートでソプラノのヴァージニア・トーラとともに被災者への祈りを込めて「ふるさと」を歌い、大きな感動を呼んだことは記憶に新しい。

「今、日本に行くのは危険だ」という周囲の制止を振り切って来日した彼の決断の裏には、単に「日本が好きだから」という情緒的な理由だけでなく、今回の企画に、彼が絶大な信頼を寄せるプロデューサー(寺島忠男)が関わっていたことが大きい。



結局、正しい情報を伝え、アーティストたちを安心させることができる人間が周囲にいるかどうかにかかっているということに尽きる。上記のムターの場合も、家族の強い反対があったということで、本人の意志だけで決断できる状況ではなかったのだろう。


ほかにも、不幸な出来事がある。新日本フィルハーモニー交響楽団を取り巻く、一連の騒動だ。

4月に新国立劇場で、歌劇『ばらの騎士』を振る予定だった音楽監督のクリスティアン・アルミンクは、原発事故を理由に突如来日をキャンセル。関係者の奔走により代役が決まったが、公演初日が中止に追い込まれる事態になった。

原発事故に関する情報が交錯する中、彼としてはやむを得ない判断だったとはいえるだろうが、人の気持ちとは理屈だけで割り切れるものではない。悪いことに、キャンセルしたその日程に、ヨーロッパで別の仕事を入れたことが、火に油を注ぐことになる。

期待が大きかっただけに、楽団事務局には公演を楽しみにしていたファンから批判の声が数多く寄せられ、ネット上でも「チキン野郎」「クビにしろ」「裏切られた」などという声が飛び交った。この一件で、長年にわたる新日本フィルの楽団員との信頼関係にも、大きな溝ができてしまったともいわれている。

一方、同じ新日フィルの「ミュージック・パートナー」のダニエル・ハーディングは、3月11日に日本で震災に遭遇しながらも定期演奏会をこなし帰国。6月には再び来日して定期やチャリティーコンサートを開催し、その姿勢や行動に多くの賞賛の声が寄せられた。

アルミンクとハーディング、その対応が図らずも日本での評価を分けることになってしまったのは、誠に残念なことだと言わざるを得ない。

一日も早く、こうした状況が収束することを祈るしかない。


【参考映像】
内容の是非はともかく、このyoutubeの映像の出来栄えには脱帽である。


※敬称は省略させていただきました。

« 晩秋のラフマニノフに「一期一会」を想う | トップページ | 愛好家の領域を超えていく人たち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46318/53406079

この記事へのトラックバック一覧です: 来日する海外アーティストたち、それぞれの事情:

« 晩秋のラフマニノフに「一期一会」を想う | トップページ | 愛好家の領域を超えていく人たち »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Twitter

無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット