« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011/09/22

やはり”すごすぎた” 宇野功芳

9月19日、「宇野功芳傘寿記念 日本大学OB管弦楽団特別演奏会」を聴くため、上野学園石橋メモリアルホール(東京都台東区)に出かけた。


Ishibashi


今日の指揮者である宇野功芳(うの・こうほう、1930~   )は、「~といえよう」などの独特の語り口で知られるクラシック音楽の名物評論家で、一部の音楽愛好家から絶大な支持を得ている。

『レコード芸術』や『音楽現代』などの音楽雑誌で、「これぞベスト・ワン」「これだけ聴けばあとは必要ない」などという彼の言葉に乗せられて、シューリヒトとかクナッパーツブッシュ、メンゲルベルクなどのディスクを購入した経験のある方も少なくないのではないか。

また、彼は場合によって、読者に対して苦言を呈することもある。

僕にいわせれば、たった一言で終わりである。「メータのブルックナーなど聴きに行く方がわるい」。知らなかった、とは言ってほしくない。ブルックナーを愛する者は、そのくらいは知らなくてはだめだ。 『クラシックの名曲・名盤』(講談社現代新書)より

ここまで書かれたら、あっぱれとしか言いようがない。僕は、こうした主観的で独善的な姿勢に、時に反発しながらも長年楽しませてもらってきた。音楽評論という分野で「功芳節」とも呼べる独自の世界を築いた功績は誰も真似できないものであり、彼ほどユニークな音楽評論家は、今後も現れないのではないかと思うほどだ。

国立音楽大学で声楽を学び、音楽評論のかたわら合唱指揮者としても活動していた彼は、1980年代に入り、日本大学管弦楽団を皮切りに、新星日響などを指揮し、2005年には何と大阪フィルの演奏会(※)に登場。聴衆の入りもよく、大いに盛り上がったといわれる。
※この演奏会の「宇野功芳の”すごすぎる”世界」というコピーが秀逸。他に「宇野功芳の”第九”これでもか !?」というのもあった。


Unocd


翌2006年と2007年には東京フィルを振るなど、指揮者としてはアマチュアだったはずの彼が、なぜプロのオーケストラを指揮して演奏会を開催するまでに至ったのか。それは、おそらく次のような経緯ではなかろうか。


<第1段階>日ごろの、歯に衣着せない批評や曲に対する独自の解釈論が注目される。
             ↓
<第2段階>「彼が指揮すれば、きっとすごい名演が聞けるに違いない」という期待(妄想、誤解)が読者の間に広まる。
             ↓
<第3段階>熱心な読者の中にオーケストラの関係者がいて、声がかかる。


オーケストラを振る機会が、優に10回を超えるまでになったのは、彼の根強いマニア(支持者だけでなく、アンチも含め)が一定割合存在することや、良し悪しは別として、その演奏が期待を裏切らないものだからであろう。ちなみに、CDも相当数発売されている。

僕はかつて、彼の指揮するベートーヴェンの『英雄交響曲』のCDを帯のコピーにつられて購入し、あまりに特異な演奏に衝撃を受けた記憶がある。「言うは易く、行うは難し」という厳しい現実を目の当たりにして、創造行為と評論活動の本質的な違いについて考えさせられたものだ。

Unocd2

彼の演奏解釈は、批評の時とスタンスが似ていて、思い入れが強い部分とそれ以外の落差が大きい。前者は、極端に音楽の造形がデフォルメされる反面、後者では、聞き手が拍子抜けするほど、すいすいと弾き飛ばされてゆく印象だ。フルトヴェングラーやワルター、朝比奈隆などの影響(オマージュ)も随所に聞かれる。

主な特徴としては、次のとおり。

①音楽の流れに、あえて棹(さお)差すかのような予期できないテンポの変化
②過剰なまでに強調される金管やティンパニ
③強弱記号にこだわらず、明瞭に弾かれるピチカートやトレモロ
④提示部等のリピート(反復)指示には従わない。
 (さらに一歩進んで、指示さえ無い箇所の省略)

さて、今回の演奏会であるが、話題性も相まって会場は盛況で、8割以上が埋まり人気の高さを物語っていた。なお、日本大学OB管弦楽団とは、今回の演奏会のために特別に編成されたオーケストラだという。

チューニングが終わり、いよいよ指揮者の登場。ゆっくりとした足取りでステージに登場する姿は、まさに巨匠の風格である。

前半のシューベルトの『未完成交響曲』では、ところどころに「彼らしさ」が顔を出すが、特筆すべきほどの特徴は感じられない。強いて言えば、第2楽章アンダンテの解釈にこだわりがあるようで、例えば114小節目からの第1ヴァイオリンのメロディーをピアノ(弱く)という指示に反して、思い入れたっぷりに強奏させていたのが記憶に残った。


Ishibashi2


休憩を挟み、いよいよメインプログラムであるベートーヴェンの『交響曲第7番』。宇野氏にとってこの曲は、ベートーヴェンの全交響曲の中では評価が低い部類に入るようだが、いくつもこだわりがあるらしい(特に第1楽章)。「人生最後の第7、もうこわいものはない」と言い切る彼の、どのような解釈が聴けるのか期待が高まる。

第1楽章の冒頭、ため込んだ気持ちを搾(しぼ)り出すかのように和音が刻まれる。続く10小節目からの上昇動機は、マタチッチばりの最速テンポを採るが、アンサンブルが指揮者の棒に付いてゆけずズレまくる。それが一種独特の緊張感を生み、結構スリリングである。

ヴィヴァーチェの主部に入ると、金管とティンパニの耳をつんざくような響きで混濁気味となる。音は盛大だが、迫力がそれほど感じられないのは不思議なほどだ。2小節の全休符で一息ついた後、展開部に入り、弦がピアニッシモでリズムを刻みながら徐々に力を増してゆくが、何か様子がおかしい…と思った瞬間、音楽がぐらりと大きく動いた。たちまちホルンは雄たけびを上げ、悲鳴のようなトランペットがそれに続く。

いよいよ「功芳ワールド」が全開! 「優等生的な演奏なんて聴きたくない。ベートーヴェンはこうでなくてはだめだ」とでも言わんばかり。ホルンだけが倍管(4本)になっているのは、このためだったのかと妙に納得しながら、正直、僕は笑いをこらえるのに必死だった。周囲もあっ気にとられているのがわかる。しかしオケのメンバーは真剣そのもので、指揮者に必死に食い付いていく。

奇想天外な展開部が終わり、再現部の300小節目、オーボエソロに続いて曲は短調に転じ、第1主題のフレーズが切々と奏でられてゆくところは、この指揮者の思い入れも強い箇所のはずだが、中途半端な結果に終わり、指揮者も少し困惑していた。しかし、コーダは圧倒的な盛り上がりをみせ、怒涛のような第1楽章が終わった。

第1楽章を終えたところで、すでにオケのメンバーはかなり消耗している様子。続く楽章では、音色が荒れアンサンブルも乱れ気味になる。スケルツォは予告どおりトリオを反復せず3部形式に改変。1回のトリオに全力を注いだといった感じ。これはこれで面白いと思った。

アタッカで第4楽章に突入し、快速のテンポで飛ばす姿はとても80歳とは思えない若々しさだ。オーケストラも最後の力を振り絞り、渾身の演奏を繰り広げる。コーダでは、さらにぐいぐいと速度を増し、最後はほとんど崩壊寸前のような(すでに崩壊していたか?)爆走。これぞまさに命を賭けたアッチェレランド! 最後の和音とともに一斉に巻き起こるブラボーの嵐、熱狂的な拍手。僕自身、不覚にも感動してしまった。ふと見ると最前列のコントラバスのおじさんが、楽器に寄りかかってぐったり…。皆さん、本当にお疲れさまでした。

余韻のさめやらない中、心の整理をしながらホールを出たところ、「火事です!1階で火災が発生しました」と警報のアナウンス。確かに火事のように熱い演奏会だったのは間違いない。「最後の第7」だなんて、戯(たわむ)れとしか思えない。さて、次は何の曲で僕たちを楽しませてくれるだろうか。大いに期待したいと思う。


Unokohouconcertleaf

なお、最後に苦言を1点。

宇野氏自らが曲の解説を書いている当日配布のリーフレットに、ベートーヴェンに2人(男女)の子供がいたとの記述があるが、これはあくまで諸説のひとつに過ぎず、事実とは認められていない。「~という説を僕は信じている」とでもすれば別だが、まるで既成事実であるかのような(意図的な)言葉足らずの説明は、読む人に誤解を与えることになり、大いに問題ありだ。

ストーリーとしては面白いかもしれないが、「事実」と「評論」を混同すべきではない。


※敬称は、部分的に省略させていただきました。ご了承ください。


【参考CD】

当日の演奏会のCDが、キング・インターナショナルから発売されています。
※購入は、くれぐれも自己責任でお願いします。

宇野功芳 傘寿記念日本大学OB管弦楽団 特別演奏会ライヴ


Unokohocd1_2


2011/09/10

吹奏楽から管弦楽へ ~交響詩『ぐるりよざ』を聴いて~

昨日、久しぶりに名古屋フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会に出かけた。今回の目的は、何といっても交響詩『ぐるりよざ』の管弦楽版を聴くためである。


交響詩『ぐるりよざ』は、伊藤康英(いとう・やすひで、1960~   )の代表作として吹奏楽の世界では広く知られている作品で、コンクールなどでも取り上げられる人気曲のひとつである。1990年に海上自衛隊佐世保音楽隊の委嘱により作曲されたこの曲は、長崎の「隠れキリシタン」によって歌い継がれた音楽にインスパイアされた作品で、表題の「ぐるりよざ」は、ラテン語の「Gloriosa(栄光なるもの)」に由来している。

全体は「祈り(Oratio)」「唄(Cantus)」「祭り(Dies festus)」の3つの楽章からなり、グレゴリオ聖歌の旋律が随所に引用されるが、特に第3楽章において、長崎民謡と聖歌がフーガとなって高揚していく部分は、大きな聴きどころとなっている。また、第2楽章の龍笛の響きも、きわめて効果的である。


管弦楽のための交響詩『ぐるりよざ』から、第3楽章「祭り」


管弦楽版は1999年に京都で初演。その後、幾度かの改訂を経て、2007年に現在の形となった。もともと吹奏楽曲として過不足のない響きを持った作品であり、あえて管弦楽に編み直す意義について、作曲者がどのような思いを抱き、何を試みようとしたのか非常に興味があった。

これまでにも吹奏楽の名曲といわれている作品を管弦楽に編曲した例はいくつもあるが、「別に悪くはないけれど、オリジナルで十分じゃないのか?」というのが僕の正直な感想で、弦楽器特有の音色や奏法が金管や打楽器に響きによってかき消されてしまい、期待外れに終わるというのがお決まりのパターンだった。

その主な原因は、弦楽器の書法に対する知識や経験不足、オケ全体の音色や音量のバランスへの配慮の低さにあるといってよい。管弦楽は弦楽器が主役の世界であるが、弦楽器は他の楽器に比べ多彩な表現力を持つかわりに、管楽器、特に金管楽器に比べて単体での音量が弱い。メロディーやリズムのアロケ(配分)において、意識的に弦楽器を偏重しないと収まりが悪く、聞き映えがしない。

管楽器にメロディーを割り当てる場合は、基本的に弦楽器は脇役に徹し、表に出るときは(言葉は悪いが)「引き立て役、道化役」となるのが効果的だ。その良い例がベルリオーズの『幻想交響曲』で、第1楽章から第3楽章までは、あくまで弦楽器主体による「通常の」管弦楽法であるが、続く第4楽章からは管楽器や打楽器が一気に前面に出てくる。曲の主人公の精神状態が大きく変化した(普通ではなくなった)ことを印象付けることになるのだが、ここでの弦楽器群はあくまで脇役で、特異なフレーズや奏法の連続となる。

さて、今回演奏された『ぐるりよざ』の管弦楽版であるが、通常の管弦楽編成をとり、弦楽器を主体に全体のサウンドが再構築されていた。編曲といっても、例えばクラリネットのパートをヴァイオリンやヴィオラに移し替えるという単純な作業ではないことは明らかである。僕的には、第2楽章の中間部でチェロパートが、ヴィオラ・ダ・ガンバの音色を模する場面など、吹奏楽版では味わえない神秘的な響きに惹(ひ)かれた。

金管や打楽器が大活躍する終楽章において、弦楽器の音がかき消され気味になったのは、やむを得ないところか…。個人的には、打楽器的要素を低弦に担わせるなど、もっと弦楽器を「信頼」すべきではないかと感じる部分もあったが、吹奏楽曲の編曲に定評のある作曲者にとっては、おそらく想定内のことだったと思われる。終演後のサイン会で「あまり変えてしまうと、吹奏楽の人に叱られるから」と話していた彼の言葉が印象に残った。

「すべてにおいて全力投球!」といった印象の『ぐるりよざ』に比べ、直後に演奏されたマーラーの歌曲集『亡き児をしのぶ歌』で聞かれる簡素でありながら印象的な管弦楽の響きに、ほっと一息ついたのも事実だが、管弦楽のための『ぐるりよざ』は、素晴らしい名曲であることは間違いない。また今回、多くのクラシック音楽愛好家の耳に届いたことはとても意義深いことであり、アマやプロにかかわらず多くのオーケストラのレパートリーとして取り上げられていってほしいと思う。特に海外では、かの『管弦楽のためのラプソディ』と同様、否それ以上に喝采を受けることだろう。


ぐるりよざ~伊藤康英吹奏楽作品集
木村吉宏指揮、大阪市音楽団(ブレーン)

Itoyasuhidecd


今回の定期演奏会では、交響詩『ぐるりよざ』の他に、マーラーの歌曲やニールセンの交響曲が演奏されたが、これも名演だった。

特筆すべきは、マーラーの歌曲を歌ったコントラルトのマリア・フォシュストロームの声のすこぶる魅力的なこと。僕にとっては、まったくノーマークだったこともあり新鮮な驚きで、思わずパンフレットを何度も読み返してしまった。聴衆もブラボーの嵐で、アンコールで歌われた同じくマーラーの歌曲『私はこの世に捨てられて』も、絶妙の表現だったと思う。

休憩を挟んだ後半、ニールセンの『交響曲第4番「不滅(消し難きもの)」』は、単一楽章の作品ながら4つの部分から構成される。僕は、第1部においてクラリネットで奏されるイ長調のテーマが、第4部のクライマックスで全楽器により再現される部分にはいつも心を揺さぶられるし、左右に対向配置された2群のティンパニも迫力満点だった。

今回、名古屋フィルハーモニー交響楽団の指揮者に就任した川瀬賢太郎は初めて実演を聴いたが、若々しくエネルギッシュな指揮ぶりは才能のほとばしりを感じさせるもので、今後の活躍が楽しみだ。2名のコンマスが顔を揃えたオケの反応も素晴らしかったと思う。

なお、今回の定期演奏会の模様は、来月10月23日(日)のNHK-FMの番組「FMシンフォニーコンサート」で放送される予定なので、興味のある方はぜひ。

Meiphilleaf


まだまだ昼間は残暑の厳しい日が続くが、日も落ちるころには秋の気配が感じられるようになった。

さあ、いよいよ芸術の秋、食欲の秋…、僕の大好きな季節がやってくる♪


※敬称は省略させていただきました。ご了承ください。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Twitter

無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット