« グラナドス 演奏会用アレグロ | トップページ | コダーイ 叙情的ロマンス »

2010/02/13

ホフシュテッター セレナーデ

「誰じゃそれ?」と言われそうだが、ロマン・ホフシュテッター(1742~1815)は、オーストリアのアマチュア作曲家であり、本職はベネディクト会の修道士である。

今回取り上げたいのは、近年までハイドンの代表的な弦楽四重奏曲のひとつとされてきた作品で、第2楽章のアンダンテ・カンタービレは、「ハイドンのセレナーデ」として親しまれてきた名曲である。

当時、人気作曲家であったハイドンの名で楽譜を売ろうとした出版者が原因だとされるが、著作権という概念がなかった当時は、このようなことは日常茶飯事だった。
ハイドンを崇拝していた彼は、自分の作品がまさか「ハイドン作」として出版されたことを全く知らされず、貧しいうちに、その生涯を閉じたらしい。

ハイドン研究者の間でも、以前より偽作の疑いが強かったのだが、うやむやのまま時が過ぎ、今でもコンサートでは、ハイドンの曲(あるいは「伝ハイドン作」)としてプログラムに書かれ、ホフシュテッターの名が明記されることは少ない。

ハイドンの曲ではないことが明らかになったからか、最近めっきり録音も減っていることが残念でならない。
いくら無名の作曲家の作とはいえ、名曲であることは確かなのだ。ハイドンの作だからではなく、心を打つ作品だから時代を超えて親しまれてきたはずではなかったのだろうか。

この名曲が、いつか堂々と「ホフシュテッター作曲」として、認知されていくことを願ってやまない。

曲は終始、第2ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロによるピチカートによる伴奏の上に、第1ヴァイオリンが美しく気品のある旋律を奏でる形で進んでいく。

【お薦め盤】
コダーイ弦楽四重奏団(ナクソス)

Hoffstetter


【追記】
youtubeにも、映像が多数掲載されています。(2011年2月11日加筆修正)
※やはり「ハイドンのセレナーデ」としてですが・・・。


« グラナドス 演奏会用アレグロ | トップページ | コダーイ 叙情的ロマンス »

作曲家、この一曲(ナ行~ハ行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46318/49170662

この記事へのトラックバック一覧です: ホフシュテッター セレナーデ:

« グラナドス 演奏会用アレグロ | トップページ | コダーイ 叙情的ロマンス »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Twitter

無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット