« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009/12/05

シュニトケ 交響曲第5番(合奏協奏曲第4番)

旧ソ連の作曲家アルフレット・シュニトケ(1934~1998)は、厳しい共産主義体制下において、数多くの実験的な要素を取り入れた前衛音楽を残したことで知られる。

Schnittke

ヴォルガ川流域のドイツ人自治共和国においてドイツ系ユダヤ人として生まれ育った彼は、モスクワ音楽院で作曲や器楽法を学び、1961年に卒業。その後は、母校において講師を務めた。彼の前衛的な作風は、ソ連作曲家連盟からの批判の対象となり、活動を制限された時代もあったが、1980年代以降は、国内外で広く知られるようになった。

残された作品は歌劇や交響曲、協奏曲、室内楽曲など多岐にわたり、マーラーやショスタコーヴィチの影響下にあるものから、無調や12音技法、電子音楽など、その時代により、あらゆるスタイルが取り入れられている。

今回取り上げる『交響曲第5番』は、1988年に作曲された作品で、当初はヴァイオリンとオーボエ、室内合奏のための作品として構想された。『合奏協奏曲(コンチェルト・グロッソ)第4番』の別名のとおり、全楽章にわたって多くの独奏楽器が活躍する。

全部で4つの楽章からなり、第1楽章アレグロの冒頭から祝祭的な雰囲気が漂うのは、この曲がコンセルトヘボウ管弦楽団の創立100年を記念した委嘱作品として作曲されたからであろう。第2楽章アレグレットは、マーラーが16歳のときに作曲した『ピアノ四重奏曲』の未完の第2楽章のスケッチが基になっている。

続く第3楽章は、全編にわたってシリアスで緊張度の高い音楽が展開され、全曲中、最大の聴きどころとなっている。最後の終楽章レントも、前楽章の雰囲気が引き継がれるが、曲の半ばで、チューバやハープシコードの独奏に続いて弦楽器が静かに登場する瞬間は、はっとするほど美しい。

僕はシュニトケの交響曲全集を購入して、『第1交響曲』を聴いたときは、そのあまりの過激さに「こんな曲をあと9曲も聴かなければならないのか・・・」と不安になったものだったが、杞憂に終わった。特に、この『第5交響曲』は、傑作のひとつであると思っている。

演奏時間はおよそ35分

【お薦め盤】
ネーメ・ヤルヴィ指揮、エーテボリ交響楽団(BIS)

Schnittkecd


【追記】
youtubeに音源が掲載されています。

« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Twitter

無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット