« カルウォーヴィチ 交響詩『仮面舞踏会のエピソード』 | トップページ | シュニトケ 交響曲第5番(合奏協奏曲第4番) »

2009/10/17

柴田敬一の「ライツ・アンド・シャドウズ」

今回は、僕が日ごろ大切にしているアルバム「ライツ・アンド・シャドウズ」をご紹介したい。

このCDは、ピアニストや作編曲家、音楽プロデューサーとして活躍した「ケイ柴田」こと柴田敬一(しばた・けいいち、1959~2009)のデビュー・アルバムである。

彼は長野市の出身。3歳からクラシックピアノを学び、高校卒業後、東京に出てジャズ・ピアニストとして活動をはじめたが、1982年に渡米し、アトランタやニューヨークを拠点に世界の一流ミュージシャンらと共演を続けた。

1984年に帰国後、デビュー作となるピアノソロアルバム「ライツ・アンド・シャドウズ」を発表し、その日本人の感性に根ざした叙情味あふれる音楽は大いに注目されることとなった。

その後も、ピアニストやキーボーディストとして「Kei SHIBATA JAZZ BAND」、二胡やヴァイオリンを加えたミュージック・ユニット「アジア・ルネッサンス」を率いての全国各地でのライブ活動、ハービー・ハンコックらのツアー参加、中島美嘉のレコーディング等々、幅広い活躍を続けていたが、今年、8月25日に過労(解離性大動脈瘤)のため急逝。享年50歳。

このアルバムは、僕がジョージ・ウィンストンに夢中だったころに日本のSHI-ZENレーベル(ポリドール系)から発売された。偶然、京都のショップで手に取り、その美しいジャケットに魅かれて購入して以降、僕の大切な宝物となっている。

このアルバムには、「ダンシング・リーブズ」「幼心への憧憬(しょうけい)」をはじめ9曲が収録され、いずれの曲も日本人の琴線にふれる名曲揃いであるが、特に僕は7曲目の「せせらぎ」を聴くたびに、深く心を揺さぶられる。

なお彼は、このアルバムに続いて、「ウインド・エコー」を発表。以降「アジア・ルネッサンス」(1997)、テレビ番組「悠久の大地インド」のサウンドトラック盤「ムーン・チャイルド」(1999)などを発表している。

働き盛りであった彼の、突然の逝去が残念でならない・・・。

【お薦め盤】

「ライツ・アンド・シャドウズ」(柴田敬一)

1985年発売 ※現在は廃盤

Shibatacd


« カルウォーヴィチ 交響詩『仮面舞踏会のエピソード』 | トップページ | シュニトケ 交響曲第5番(合奏協奏曲第4番) »

名盤発見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46318/51293066

この記事へのトラックバック一覧です: 柴田敬一の「ライツ・アンド・シャドウズ」:

« カルウォーヴィチ 交響詩『仮面舞踏会のエピソード』 | トップページ | シュニトケ 交響曲第5番(合奏協奏曲第4番) »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Twitter

無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット