« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009/09/21

カサド 無伴奏チェロ組曲

日本ともゆかりの深かった、20世紀スペインを代表するチェリストのひとり、ガスパール・カサド(1897~1966)は、作曲家として協奏曲や室内楽曲などを残しているが、現在知られている作品は決して多くはない。

Cassado

スペインのバルセロナに生まれた彼は、幼少期に同郷の名チェリストであるパブロ・カザルスに認められ、彼のもとで学び、やがて欧米各地で名を馳せるようになる。エルガーやレスピーギ、メンゲルベルクなど著名な音楽家とも交流が深く、プフィッツナーの『チェロ協奏曲(作品42)』は、彼に捧げられている。

彼の作品で、最もよく知られているのは、1920年にチェロとピアノのために作曲された『愛の言葉』であろうが、今回取り上げる『無伴奏チェロ組曲』も、多くのチェリストに愛奏されている作品で、1926年に作曲され、恩師カザルスに献呈されている。

全体は、「プレリューディオ・ファンタジア」「サルダーナ」「インテルメッツォ・エ・ダンツァ・フィナーレ」の3つの楽章からなり、いずれもスペイン情緒に満ちあふれた、情熱的な音楽が展開される。

演奏時間は約16分

【お薦め盤】
林 裕(ライブノーツ)

Cassazocd_2


【追記】
youtubeにも、数多くの演奏が掲載されています。


2009/09/20

リード フェスティバル・プレリュード 

アメリカの作曲家・指揮者として活躍したアルフレッド・リード(1921~2005)は、生涯に200曲以上の吹奏楽作品を残した20世紀を代表する吹奏楽界の巨人である。

Reed

10歳でトランペットを、15歳の時には作曲を学び、第二次世界大戦では陸軍航空隊に所属し、バンドの副指揮者として活躍した。終戦後に、ジュリアード音楽院において再び作曲を学ぶ。
1966年にマイアミ大学の音楽学部の教授に就任し、同大学のウインドオーケストラを指揮するようになる前後から、世界を股にかけた活躍が始まる。

親日家としても知られ、1965年の全日本吹奏楽コンクールの課題曲に、彼の『シンフォニック・プレリュード』が採用されたことから日本との関係が始まり、1981年の初来日以降、プロ・アマ問わず全国各地の吹奏楽団を指導するなど、日本の吹奏楽の発展に多大な功績を残した。

代表作には、『アルメニアン・ダンス(パート1)』や7曲の『吹奏楽組曲』などがあるが、今回紹介する『フェスティバル・プレリュード(音楽祭のプレリュード)』も、1957年に作曲された彼の最も知られた作品のひとつで、初演当時から人気が高く、1970年の全日本吹奏楽コンクールの課題曲にも選ばれている。

曲は、高らかに奏されるファンファーレに始まり、3連符のシークエンスでクレッシェンドしていく部分は、いやが上にも聴く者の心を高揚させる。全曲を通して緩急のバランスが巧妙で、「ハレ」の気分あふれる傑作である。

日本の吹奏楽関係者の間では「音プレ」の愛称でも親しまれ、演奏会のオープニングでも、よく取り上げられる。

演奏時間はおよそ5分

【お薦め盤】
アルフレッド・リード指揮、東京佼成ウインドオーケストラ(佼成出版社)

Reedcd


【追記】
youtubeに音源が掲載されています。※演奏は異なります。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Twitter

無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット