« ラター 子どもたちのミサ曲 | トップページ | アーノルド 序曲『ピータールー』 »

2009/07/25

アレンスキー 歌劇『ヴォルガ川上の夢』序曲

モスクワ楽派を代表する作曲家であるアントン・アレンスキー(1861~1906)は、モスクワ音楽院の作曲家教授として、ラフマニノフやスクリャービンをはじめ多くの逸材を育てた教育者としても名高い。

Arensky

作曲家としては、長い間「チャイコフスキーの亜流」と言われ続け、一部の作品を除いて正当な評価を受けることがなかった。ロシア特有の叙情性と西洋風の洗練された作風に、チャイコフスキーの影響が認められるものの、単純にひとくくりにして一等低く見るのは、全くもって誤った考えであるとしか思えない。

かねてより評価が高かった『ピアノ三重奏曲第1番ニ短調(作品32)』や『組曲第2番「シルエット」(作品23)』以外にも注目すべき作品が数多くあり、今回ご紹介する歌劇『ヴォルガ川上の夢(作品16)』序曲も、そうした隠れた名曲のひとつ。

この歌劇は4幕6場からなる大規模な作品で、彼のこの分野における代表作である。劇作家アレクサンドル・オストロフスキーの『ヴォイエヴォーダ』をもとに作曲者自身が台本を書いたもので、1891年にモスクワのボリショイ劇場で初演された。

冒頭で演奏される序曲は、総奏で提示される雄大なハ長調のマエストーソの主題と、それに続いて、23小節目からチェロとヴァイオリンによって奏される表情豊かな変ホ長調のアレグロの副主題が極めて印象的である。曲はこの2つの主題がさまざまな形に変容しなかがら展開する。イ短調のロシア風エピソードを経て、コーダでは冒頭のマエストーソ主題により、感動的な盛り上がりを形づくる。美しいメロディーや華麗なオーケストレーションは、彼の卓越した才能を証明するに余りあるもの。

今日、再評価が著しい作曲家のひとりであり、師匠のリムスキー=コルサコフから、「いずれ忘れ去られるであろう」とまで言われた彼ではあるが、その予言は的はずれだったと考えてよかろう。

演奏時間はおよそ7分

【お薦め盤】
ワシーリー・シナイスキー指揮、BBCフィルハーモニック(シャンドス)

Arenskycd


【追記】
ようやくyoutubeに、音源が掲載されました。


« ラター 子どもたちのミサ曲 | トップページ | アーノルド 序曲『ピータールー』 »

作曲家、この一曲(ア行~カ行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46318/50851232

この記事へのトラックバック一覧です: アレンスキー 歌劇『ヴォルガ川上の夢』序曲:

« ラター 子どもたちのミサ曲 | トップページ | アーノルド 序曲『ピータールー』 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Twitter

無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット