« バックス 交響詩『ティンタジェル』 | トップページ | ラター 子どもたちのミサ曲 »

2009/06/27

モンテヴェルディ かくも甘い苦悩が 

ルネサンス期から初期バロック時代にかけての、最大の作曲家といわれているクラウディオ・モンテヴェルディ(1567~1643)の音楽は、生前より高い人気を誇るとともに、『オルフェオ』や『アリアンナ』をはじめ18曲にも及ぶ歌劇は、この分野における最初期の作品として、後世の作曲家に多大な影響を与えた。

Monteverdi

イタリアのクレモナに生まれた彼は、幼少期から大聖堂の聖歌隊員になり、その楽長であったインジェニェーリのもとで学んだ。その後、マントヴァ公国ゴンツァーガ家の歌手及びガンバ奏者として仕え、1602年には楽長に就任、1613年には、ヴェネツィアのサン・マルコ大聖堂の楽長に迎えられた。

彼はオペラの他に、膨大な数のマドリガル(世俗歌曲)集を作曲したが、今回ご紹介する『かくも甘い苦悩が(Si dolce d'l tormento)※1』は、その中でも最も知られた作品で、1624年に刊行された『ミラヌッツィの優美なアリオーソ 第4巻』に含まれている。
※1 日本語では、『苦しみが甘美なものなら』とも訳される。

スケールを上から降りてきては、上昇する単純なメロディー。その繰り返しの中で、恋の苦悩と喜びの間を揺れ動く男の心情を、絶妙に表している名曲だと思う。

次に、歌詞の一部を示す。

かくも甘い苦悩を胸に秘めて 
私は幸せ むごくも美しい人のため
でも美の天国でひどくなる 君の横暴 冷たい君
私の真心は 高慢の波に洗われる岩
(以下、続く)
竹内ふみ子 訳

フランス人カウンター・テノール歌手であるフィリップ・ジャルスキーと、クリスティーナ・プルハル率いる新進気鋭のバロック・アンサンブル「ラルペッジャータ」による、心に染み入るかのような演奏で聴いてみたい。

演奏時間はおよそ4分

【お薦め盤】
フィリップ・ジャルスキー(CT)、ラルペッジャータ(ヴァージン)

Monteverdi_cd


【追記】
youtubeに彼らの演奏がアップされています。ぜひぜひ、ご覧ください。

« バックス 交響詩『ティンタジェル』 | トップページ | ラター 子どもたちのミサ曲 »

作曲家、この一曲(マ行~ヤ行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46318/49618603

この記事へのトラックバック一覧です: モンテヴェルディ かくも甘い苦悩が :

« バックス 交響詩『ティンタジェル』 | トップページ | ラター 子どもたちのミサ曲 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Twitter

無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット