« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009/06/27

モンテヴェルディ かくも甘い苦悩が 

ルネサンス期から初期バロック時代にかけての、最大の作曲家といわれているクラウディオ・モンテヴェルディ(1567~1643)の音楽は、生前より高い人気を誇るとともに、『オルフェオ』や『アリアンナ』をはじめ18曲にも及ぶ歌劇は、この分野における最初期の作品として、後世の作曲家に多大な影響を与えた。

Monteverdi

イタリアのクレモナに生まれた彼は、幼少期から大聖堂の聖歌隊員になり、その楽長であったインジェニェーリのもとで学んだ。その後、マントヴァ公国ゴンツァーガ家の歌手及びガンバ奏者として仕え、1602年には楽長に就任、1613年には、ヴェネツィアのサン・マルコ大聖堂の楽長に迎えられた。

彼はオペラの他に、膨大な数のマドリガル(世俗歌曲)集を作曲したが、今回ご紹介する『かくも甘い苦悩が(Si dolce d'l tormento)※1』は、その中でも最も知られた作品で、1624年に刊行された『ミラヌッツィの優美なアリオーソ 第4巻』に含まれている。
※1 日本語では、『苦しみが甘美なものなら』とも訳される。

スケールを上から降りてきては、上昇する単純なメロディー。その繰り返しの中で、恋の苦悩と喜びの間を揺れ動く男の心情を、絶妙に表している名曲だと思う。

次に、歌詞の一部を示す。

かくも甘い苦悩を胸に秘めて 
私は幸せ むごくも美しい人のため
でも美の天国でひどくなる 君の横暴 冷たい君
私の真心は 高慢の波に洗われる岩
(以下、続く)
竹内ふみ子 訳

フランス人カウンター・テノール歌手であるフィリップ・ジャルスキーと、クリスティーナ・プルハル率いる新進気鋭のバロック・アンサンブル「ラルペッジャータ」による、心に染み入るかのような演奏で聴いてみたい。

演奏時間はおよそ4分

【お薦め盤】
フィリップ・ジャルスキー(CT)、ラルペッジャータ(ヴァージン)

Monteverdi_cd


【追記】
youtubeに彼らの演奏がアップされています。ぜひぜひ、ご覧ください。

2009/06/13

バックス 交響詩『ティンタジェル』

アーノルド・エドワード・トレヴァー・バックス(1883~1953)は、ロンドン生まれのイギリスの作曲家である。

Bax

裕福な家庭に生まれ育ち、王立音楽院から王立音楽大学に進み、スタンフォードやパリーに学んでいる。学生時代に、古代ケルト民族の民話に触れ、以後の生涯を、アイルランドやスコットランドを拠点に、ケルトの民族色を基盤に置いた作曲家として活躍する。

代表作としては7曲を数える交響曲が挙げられるが、今回取り上げる『ティンタジェル』や『11月の森』など、古代ケルトの人々や自然に霊感を受けて作曲された交響詩が有名である。R.シュトラウスやエルガーなどの後期ロマン派にドビュッシーやラヴェルなどの影響が加味された幻想的で色彩豊かな作風が特徴である。

この交響詩『ティンタジェル』は、1919年に作曲された彼の最も広く知られた作品。アーサー王伝説のティンタジェル城の栄華を表現した曲で、冒頭から壮大な海の情景が描かれ、中間部では城にゆかりのあるトリスタン伝説にちなんで、ワーグナーの歌劇『トリスタンとイゾルデ』からの一節も引用される。

演奏時間は約15分半。

【お薦め盤】

バーノン・ハンドリー指揮、BBC交響楽団(シャンドス)

Baxcd


【追記】

youtubeに名演奏が掲載されています。(2012年1月加筆)

2009/06/06

ビゼー 夜想曲第1番

歌劇『カルメン』や組曲『アルルの女』で知られるフランスの作曲家ジョルジュ・ビゼー(1838~1875)は、音楽家の両親のもとに生まれ、弱冠9歳でパリ音楽院に入学した神童であった。

Bizet

彼は、オペラやオペレッタの作曲家として成功することを夢見て、十代のころから作品を発表するが、なかなか成功に恵まれず、『カルメン』でさえ、36歳の若さで亡くなった後になって、ようやく認められたという不遇の人生を送った。

今回ご紹介するのは、1854年、彼が16歳の時に作曲した『夜想曲第1番ヘ長調』である。
2曲残された夜想曲のうちの最初の曲で、冒頭、左手のアルペジオに乗せて、幻想的でリリカルなテーマが奏される。音楽院時代の「習作」とされているが、ピアノの名手だった彼らしい一度聴いたら忘れられない印象を残す名品で、ショパンやシューマンのピアノ曲を好きな人にも、ぜひお聴きいただきたい。

演奏時間はおよそ7分半

【お薦め盤】
ピーテル・ファンホーフ(Pf)(パヴァーヌ)

Bizet_piano


【追記】
ようやく、youtubeにも音源が掲載されました!(2011年3月加筆)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Twitter

無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット