« 尹伊桑 チェロ協奏曲 | トップページ | デュカス 序曲『ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン』 »

2008/08/24

ニールセン フューン島の春

ヨーロッパにおいては、どの国でも象徴的な作曲家というものがいるものだ。例えば、ノルウェーならグリーグ、フィンランドならシベリウス、ハンガリーならバルトーク、チェコならドヴォルザーク云々・・・。

そんな流れで今回は、デンマークを代表する国民主義的作曲家といわれるカール・ニールセン(1865~1931)について述べてみたいと思う。

Nielsen


フューン島の美しい農村で生まれたニールセンは、父親の影響で幼少期から音楽に親しみ、周囲にその才能を認められ17歳のときにコペンハーゲンの王立音楽院を受験するが不合格。そこで同音楽院の院長で、当時のデンマークの音楽界の重鎮であったニルス・ガーデに自作を見てもらうことで、何とか入学を許されたという。

卒業後は、王立歌劇場の楽長やコペンハーゲン音楽協会の指揮者として活躍し、作曲家としても多くの作品を発表。1930年、王立音楽院の院長に就任するが、翌年心臓発作のためこの世を去った。

ニールセンの作品は、初期のころは師であったガーデやグリーグなどの影響を受けた後期ロマン派風の特徴を持っていたが、晩年になるにつれ多調や半音階の語法を取り入れた内向的で難解な作風となっていった。冒頭に国民主義的作曲家と記したが、その音楽は決して民族主義要素が強調されたものではない。

代表作はやはり、6曲残された交響曲で、特に「消しがたきもの(不滅)」という表題を持つ『第4番(作品29)』や『第5番(作品50)』が名高い。他にも管弦楽曲や協奏曲、室内楽曲に傑作が残されている。

常々僕は、交響曲で聴く彼のオーケストレーションの素晴らしさに注目していて、「もし、オーケストラ伴奏のドラマチックな合唱曲があれば、文句なしに素晴らしいに違いない」と思っていた。しかし調べてみると、彼は66年の生涯において、ほとんど数えるほどしか、オケ付きの合唱作品を残していないことが分かった。大変残念なことである。

そんな数少ない合唱作品の中で、お薦めしたいのが、1921年に作曲された独唱及び合唱と管弦楽のための『フューン島の春(作品42)』である。曲は、デンマーク合唱協会主催の「わが国の自然、歴史、生活」をテーマにした詩の公募で選ばれたA.バーンセンのテクストに基づいているが、何と、彼は若き日のニールセンがコペンハーゲンで学ぶために援助してくれた支援者の息子であった。

冒頭「穏やかな日は明るく長く」から、独唱及び合唱が穏やかに、ときには高らかに春の到来の喜びや美しい自然を歌い繋いでゆく。作曲当時のニールセンは、彼自身の離婚問題をはじめ多くの困難を抱えていたが、この作品にはそのような要素は微塵も感じられず、晴れやかで祝祭的な雰囲気に満たされている。1922年に、フューン島の都市オーデンセで行われた初演は、国内外から900人超える合唱団により行われ、デンマーク国王や王妃をはじめ、8千人の聴衆が集まったという。

生まれ故郷フューン島にちなんだ作品、作詞はかつての恩人の子息、そして現在の自身の境遇・・・。ニールセンの心に去来したものはいったいどのような思いだったのだろうか。

演奏時間はおよそ18分


【お薦め盤】
レイフ・セーゲルスタム指揮、デンマーク国立放送交響楽団、合唱団、聖アンナ児童合唱団ほか(シャンドス)

Nielsencd


【追記】
youtubeに映像が掲載されていますので、ぜひご覧ください。(2010年4月加筆)

« 尹伊桑 チェロ協奏曲 | トップページ | デュカス 序曲『ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン』 »

作曲家、この一曲(ナ行~ハ行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46318/52285288

この記事へのトラックバック一覧です: ニールセン フューン島の春:

« 尹伊桑 チェロ協奏曲 | トップページ | デュカス 序曲『ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン』 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Twitter

無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット