« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008/02/16

大澤壽人 ピアノ五重奏曲

近年、再評価が著しい大澤壽人(おおざわ・ひさと 1907~1953)は、貴志康一とともに関西が生んだ偉大な作曲家である。

神戸市で生まれた彼は、幼少期に宣教師などから音楽を学ぶ。関西学院中学部から同校高等商業学部に進み、在学中はピアノ・男声合唱に親しむとともに作曲を手がける。

1930年に同校を卒業し、渡米。ボストン大学やニューイングランド音楽学校でピアノや作曲の研鑽を積むと同時に、ボストン交響楽団などを指揮し自作を発表。その後、フランスに渡り、エコールノルマル音楽院でポール・デュカスやナディア・ブーランジェに師事し、『交響曲第2番』などの作品を発表し高い評価を得るなど、八面六臂の活躍をした。

1936年に帰国し、神戸女学院で教鞭を執る傍ら、ジャズやセミ・クラシック系の音楽や劇伴などの分野で活躍したが、脳溢血のため46歳の若さで急逝した。

彼の作風は、留学先のアメリカやフランスで培った、モダンなハーモニーや洗練された管弦楽法の中にも、日本的な要素が、ほのかに感じられるのが特徴であり、他に替え難い魅力となっている。

今回ご紹介する『ピアノ五重奏曲』は、1933年、ボストン留学時代に作曲・初演された3つの楽章からなる作品で、全編にわたり、メロディに4分音が巧みに取り入れられていて、その独特の響きは、雅楽や浄瑠璃など日本の伝統音楽を連想させる。まだ20歳代半ばであった作曲家の意欲作である。

なお彼には、他にも代表作とされる『交響曲第3番』や『ピアノ協奏曲第2番』などがCD化されているので、ぜひ一度、お聴きいただきたい。

演奏時間はおよそ32分

【お薦め盤】
藤井由美(Pf)、マイ・ハート弦楽四重奏団(HM.taso)

Ohzawacd


ボエルマン ゴシック組曲

18世紀末のフランス革命の混乱により、フランス国内のオルガンの多くは、教会とともに破壊されてしまう。しかし、19世紀の中ころになると、教会の再建に併せて新型のオルガンが設置されはじめ、フランクやサン=サーンスらは、こうしたオルガンに新たな可能性を求めて、多くの作品をつくった。

これら「フランス・オルガン楽派」と呼ばれる作曲家たちの流れに属するのが、レオン・ボエルマン(1862~1897)である。

Boellmann

彼は、ニーデルメイエ宗教音楽学校でウジェーヌ・ジグーらに師事。同門にフォーレがいる。1871年に優秀な成績で卒業した彼は、パリのサン・ヴァンサン=ド=ポール教会でオルガニストを勤める。1885年からは、母校で教鞭を執るとともに、作曲家やピアニストとしても活躍し、将来を嘱望されたが、35歳の若さで亡くなった。

彼の最もよく知られている作品は、1895年につくられたオルガンのための『ゴシック組曲(作品25)』で、オルガン音楽の分野では、最も有名な作品のひとつ。

曲は「序奏とコラール」「ゴシック風メヌエット」「ノートルダム(聖母)への祈り」「トッカータ」の4曲からなる。特に、第4曲「トッカータ」が有名であるが、僕的には第3曲の「ノートルダムへの祈り」が、温かで静謐な美しさにあふれていて、最もお薦めの1曲である。

演奏時間はおよそ15分

【お薦め盤】
ミヒャエル・ポール(Org)

Boellmanncd_3


【追記】
youtubeにもたくさんの動画が掲載されています。(2009年2月1日加筆)
※映像は、第3曲「ノートルダムへの祈り」です。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Twitter

無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット