« スーク 幻想的スケルツォ | トップページ | J.C.バッハ チェンバロ(ピアノ)協奏曲変ホ長調 »

2007/10/27

アッテルベリ ヴェルムランド狂詩曲

アルヴェーンやステンハンマルに続く、スウェーデンの代表的作曲家であるクルト・アッテルベリ(1887~1974)は、9曲の交響曲をはじめ協奏曲やオペラなど数多くの作品を残している。

Kurtatterberg1

彼が世界に名を知られることになったきっかけは、アメリカのレコード会社が主催した「シューベルト没後100年作曲コンクール」に匿名で応募した作品(現在の『交響曲第6番』)が第1位を獲得し優勝したこと。彼は1万ドルの賞金を得て、良くも悪くも一躍「時の人」になったのだ。

もちろん交響曲や協奏曲などにも素晴らしい曲があり、いずれここでも取り上げたいが、今回紹介するのは、1933年にスウェーデン放送協会からの委嘱により作曲された『ヴェルムランド狂詩曲(作品36)』である。

この曲は、1909年に女性として初めてノーベル文学賞を受賞したスウェーデンの作家、セルマ・ラーゲルレーヴ(1858~1940)の75歳の誕生日のために書かれ、同日、生中継された。彼女がいかに喜んだかは、想像に難くない。

曲は、冒頭、弦楽合奏により、スウェーデンの有名な民謡『ヴェルムランドの歌』に基づく短調のテーマを厳かに奏でる。やがて舞曲風の特徴あるモチーフにより長調に転じてにぎやかに盛り上がるが、やがてまた冒頭のテーマに回帰して、静かに曲を閉じる。

全体を流れる寂寥(せきりょう)感、北欧の薄暗い空、冷たい空気を思わせるような雰囲気は、ロマンティックで夢のように美しい。

演奏時間は約9分

【お薦め盤】
ロジャー・エップル指揮、ベルリン放送交響楽団(CPO)

Atterbergcd


【追記】
youtubeに音源が掲載されています。(2009年2月1日、2011年7月19日、2012年1月20日加筆)

« スーク 幻想的スケルツォ | トップページ | J.C.バッハ チェンバロ(ピアノ)協奏曲変ホ長調 »

作曲家、この一曲(ア行~カ行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46318/49140502

この記事へのトラックバック一覧です: アッテルベリ ヴェルムランド狂詩曲:

« スーク 幻想的スケルツォ | トップページ | J.C.バッハ チェンバロ(ピアノ)協奏曲変ホ長調 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Twitter

無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット