« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007/09/22

リャプノフ  超絶技巧練習曲 

19世紀末から20世紀初頭にかけて活躍したセルゲイ・ミハイロヴィチ・リャプノフ(1859~1924)は、バラキレフ門下のロシアの作曲家で、ピアニストや指揮者としても知られている。


Lyapunov


幼少期に母親からピアノの手ほどきを受け、1878年にモスクワ音楽院に入学し、ピアノと作曲を学ぶ。ピアノはリストの門下生であったクリンドヴォルドであり、リャプノフのリスト崇拝は、彼の影響によるところが大きい。また名教師セルゲイ・タネーエフの下で作曲を学ぶが、そこで国民楽派の作風に心酔し、音楽院を卒業した1884年に、「ロシア五人組」の指導者であったバラキレフに学ぶためにペテルブルクへ移る。

やがて、バラキレフ宅に身を寄せた彼は、晩年のバラキレフの忠実な助手として、働きながら作曲の指導を受ける。1893年には、ロシア地理学協会の依頼により、ロシア民謡の収集を行うが、これが彼の作曲に多大な影響を与えることになった。

1910年には、ペテルブルク音楽院の教授に就任するが、やがてロシア革命が勃発。革命後も音楽院教授の任に留まるも、1923年、パリに本拠を移し、ロシア移民のための音楽学校を開設するなど活躍を始めた矢先、翌1924年11月、心臓発作により突然の死を迎えることになった。

作曲家としての彼は、バラキレフら国民楽派の流れをくむ作品を数多く残していて、それぞれ2曲の交響曲、ピアノ協奏曲などが知られている。(バラキレフの『ピアノ協奏曲第2番』の補筆完成や、ピアノの名曲『イスラメイ』の管弦楽版編曲も有名である)

だが、リャプノフの最も得意とした分野はピアノ曲で、優れたピアニストとしても知られていた彼は、数多くの作品を残している。その中で彼の代表作とされているのが、1905年に完成された『超絶技巧練習曲(作品11)』である。

リストを深く尊敬していた彼は、リストの12曲からなる『超絶技巧練習曲』にならい、同じく12曲の曲集を作曲した。リストの使わなかった調性を使ってつくり上げられた曲の数々は誠に素晴らしい仕上がりで、とりわけ第10曲「レズギンカ」が有名だが、他にも叙情的な第5曲「夏の夜」や全曲中もっとも大規模な第12曲「フランツ・リスト追悼の悲歌」など、聴きどころ満載である。

演奏時間は全曲で約70分

下記のCDは1940年代のモノラル録音からの復刻版であり、新録音の登場を切に願っている。

【お薦め盤】
ルイス・ケントナー(パール)

Lyapunovcd


【追記】
youtubeにたくさんの音源が掲載されています。
※下記は第10曲「レズギンカ」です。

2007/09/21

バラキレフ イスラメイ(東洋風幻想曲)

「ロシア5人組」の指導者として知られるミリイ・アレクセエヴィッチ・バラキレフ(1837~1910)は、グリンカとともに近代ロシア音楽発展のきっかけをつくった人物である。

Balakirev

バラキレフの最もよく知られたエピソードは、チャイコフスキーにシェークスピアの『ロメオとジュリエット』に基づく曲をつくるよう勧め、作曲にあたって事細かな助言をしたことであろう。

作曲家としては、ロシア民謡を取り入れた作風で知られ、主な作品に、かのカラヤンが若き日に録音した『交響曲第1番ハ長調』や交響詩『タマーラ』などの管弦楽曲があるが、数多くのピアノ独奏曲が創作活動の中心であった。マズルカ・ワルツ・スケルツォ・ノクターンなどの題名からもわかるとおり、その作風は、ショパンやリストなどロマン派の大きな影響を受けている。

そんな中で、彼の名を一躍有名にしたのは、1869年に完成された『イスラメイ』である。「東洋風幻想曲」の副題を持つこの曲は、バラキレフがコーカサス地方を旅行したことをきっかけに作曲された。なお「イスラメイ」とはコーカサス地方の速度の早い民族舞曲をさす。

ソナタ形式に基づき、レズギンカ風の第1主題とタタール人の恋歌として伝わる第2主題が、恐るべき超絶技巧を駆使してピアノの鍵盤を縦横無尽に駆け巡る。

この曲は、初演者でもある名ピアニスト、ニコライ・ルビンシュタインに捧げられた。

演奏時間はおよそ8分

【お薦め盤】
アンドレイ・ガヴリーロフ(EMI)

Balakirevcd


【追記】
名曲でもあり、youtubeにも多くの映像が掲載されています。(2009年2月加筆)
※名手ベレゾフスキーによる豪演です!


2007/09/08

バーバー ノックスヴィル、1915年の夏

名作『弦楽のためのアダージョ(作品11)』により、世界的に広く知られている現代アメリカの作曲家サミュエル・バーバー(1901~1981)は、「新ロマン主義」とも呼ばれる美しい旋律と和声の中に、アメリカの叙情が仄(ほの)かにただよう作風が特徴で、自国で最も愛される音楽家のひとりとなっている。

Barber

彼は生涯で、オペラから管弦楽曲、ピアノ曲、声楽曲など、あらゆる分野において数多くの傑作を残しているが、今回、ぜひご紹介したいのは、独唱ソプラノと管弦楽のための『ノックスヴィル、1915年の夏(作品24)』である。

この愛すべき佳作は、ソプラノ歌手エレノア・スティーバー(1914~1990)の依頼により1947年に作曲され、翌年、ボストンで初演された。劇作家ジェームズ・エイジー(1909~1955)のピュリッツァー賞受賞作である散文詩『ある家族の死(A Death in the Family)』のテクストに基づく。

曲はソプラノが、次のように静かに語り始める。

It has become that time of evening
when people sit on their porches,
rocking gently and talking gently
and watching the street
and the standing up into their sphere
of possession of the trees,
of birds hung havens, hangars...

夕刻になった
人々は家のポーチに座り
緩やかにロッキングチェアを揺らし、静かに語らい
通りを、小鳥が木立に飛んでいくのを眺めるのだ・・・
(以下、続く)


テネシー州の小都市ノックスヴィルにおける子供時代の幸福な思い出を、まるでシルクの肌触りを思わせるオーケストラの合奏にのせてソプラノが歌い上げる。古きよきアメリカの夕暮れの田園風景が目の前に広がるような、限りなく美しい音の織物である。

演奏時間はおよそ17分

【お薦め盤】
カリーナ・ゴーヴィン(Sop)、マリン・オールソップ指揮、ロイヤル・スコティッシュ管弦楽団(ナクソス)

Barbercd


【追記】
名曲ですので、youtubeにも多くの演奏が掲載されています。(2009年10月加筆、2012年7月8日修正)


« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Twitter

無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット