« カバレフスキー チェロ協奏曲第2番 | トップページ | ヴィラ=ロボス 黒鳥の歌 »

2006/08/26

ゴルトマルク ヴァイオリン協奏曲第1番

カール・ゴルトマルク(1830~1915)はハンガリー出身の作曲家・ヴァイオリニストで、主にウィーンを中心に活躍し多くの名声を獲得した音楽家であった。ウィーン音楽院では管弦楽法の教授として、シベリウスやフランツ・シュミットらを教えた。

Goldmark

ブラームスやワーグナーに傾倒、ドイツ・ロマン派の系統を受け継いだ作品を数多く残し、生前は演奏会で取り上げられる機会も多かったというが、現在知られているのは、歌劇『シバの女王(作品27)』や『交響曲第1番「田舎の婚礼」(作品26)』、そして今回ご紹介する『ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調(作品28)』あたりだろう。他にも管弦楽曲や室内楽曲などに優れた作品があり、再評価されるべき作曲家のひとりであるといえる。

1877年に作曲されたこの協奏曲は、伝統的な3つの楽章から構成される。第1楽章は冒頭、付点リズムが特徴的な物々しい主題で開始されるが、22小節目から独奏ヴァイオリンが哀愁を帯びた瑞々しいカンタービレを奏で始める。その後も、広がりを感じさせる叙情的な第2主題、フーガを用いた展開部など、聴きどころに事欠かない。

だが今回、この曲を選んだ最大の理由は第2楽章にある。これは「エア」と題されたアンダンテ楽章で、弦楽合奏による静謐な序奏に続いて現れる、独奏ヴァイオリンによる荘重で美しいメロディー。曲はト長調からト短調、そしてまたト長調へと移り変わる中、終始奏でられる艶やかな音色が聴く者の心を捉えて離さない。もちろん続く第3楽章も、ヴァイオリンの華麗な名技が十分に味わえる魅力満載のフィナーレだ。

ヴァイオリニストとしても優れた腕前だったゴルトマルクの、楽器の魅力を生かし切ったその才能には、完全に脱帽である。(しかし、2番目にあたるヴァイオリン協奏曲は未出版のままだという。残念なことだ・・・)

演奏時間は約35分

【お薦め盤】
サラ・チャン(Vn)、ジェームズ・コンロン指揮、ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団(EMI)

Goldmarkcd


【追記】
youtubeに、オルガン伴奏による「エア」が掲載されています。(2010年8月加筆)

« カバレフスキー チェロ協奏曲第2番 | トップページ | ヴィラ=ロボス 黒鳥の歌 »

作曲家、この一曲(ア行~カ行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46318/52524221

この記事へのトラックバック一覧です: ゴルトマルク ヴァイオリン協奏曲第1番:

« カバレフスキー チェロ協奏曲第2番 | トップページ | ヴィラ=ロボス 黒鳥の歌 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Twitter

無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット