« アンチェル&チェコ・フィルの『新世界交響曲』 | トップページ | ベルリオーズ レスルレクシト(主はよみがえり) »

2006/07/30

スッペ レクイエム 

日本では『軽騎兵』『詩人と農夫』などの喜歌劇の序曲で名高いベルギー系オーストリア人の作曲家フランツ・フォン・スッペ(1819~1895)は、生前、「ウィンナ・オペレッタの父」とも呼ばれ、パリのオッフェンバックと人気を二分し、指揮者や歌手としても活躍した。

Suppe_2

現在、彼のライフワークであったはずの喜歌劇(全36作品)は忘れ去られ、もっぱらその序曲のみが演奏されるが、1955年、恩人であったフランツ・ボルコニーの死をきっかけに作曲されたこの『レクイエム』は、隠れた名曲といっても差し支えない。

全体の構成は、モーツァルトの『レクイエム(K.626)』に酷似していて、例えば第3曲の「トゥーバ・ミルム」では、その旋律の明らかな引用を聴くことができる。メロディーメーカーであった彼らしく、親しみやすい旋律と豊かなハーモニーにあふれ、今後、広く親しまれていく可能性を秘めた作品だと思う。

演奏時間は全曲で約70分

【お薦め盤】
ミシェル・コルボ指揮、リスボン・グルベンキアン合唱団&管弦楽団(ヴァージン)

Suppe_requiem_2


【追記】
youtubeにいくつか掲載されています。(2010年3月29日加筆)
※第2曲「ディエス・イレ(怒りの日)」です。
  冒頭の弦の音型は、『詩人と農夫』序曲の嵐の部分を彷彿とさせますね。

« アンチェル&チェコ・フィルの『新世界交響曲』 | トップページ | ベルリオーズ レスルレクシト(主はよみがえり) »

作曲家、この一曲(サ行~タ行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46318/49335237

この記事へのトラックバック一覧です: スッペ レクイエム :

« アンチェル&チェコ・フィルの『新世界交響曲』 | トップページ | ベルリオーズ レスルレクシト(主はよみがえり) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Twitter

無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット