« 伊福部昭 交響譚詩 | トップページ | アルヴェーン スウェーデン狂詩曲第1番「夏至の徹夜祭」 »

2006/02/19

ボロディン 弦楽四重奏曲第2番

「ロシア5人組」のひとりアレクサンドル・ポルフィーリエヴィチ・ボロディン(1833~1887)は、医師、化学者としての仕事のかたわら作曲を行った、いわゆる「日曜作曲家」であった。残された作品数は決して多くはないが、ロシア国民楽派の代表的作曲家として名を残している。

Borodin

グルジアの皇太子の非嫡出子として生まれた彼は、幼いころからピアノを学ぶが、医学の道に進むべく化学を専攻、やがて陸軍病院での勤務を経て、ドイツのハイデルベルク大学に留学する。その後は、ペテルブルク医科大学の教授として、数多くの優れた業績を挙げた。

その間、ムソルグスキーやバラキレフとの出会いによって作曲にも手を染めるようになり、遅咲きながら優れた才能を開花させ、2曲の交響曲や交響詩『中央アジアの草原にて』などによって名声を獲得する。

しかし、本職の方で多忙を極めていたせいか、代表作として知られる歌劇『イーゴリ公』は20年近くも作曲を続けながらも、動脈瘤破裂による急死により、結局、未完のまま残されることとなった。(後に、リムスキー=コルサコフとグラズノフによって補筆完成)また、『交響曲第3番イ短調』も同様の道をたどった。

今回取り上げるのは、1881年に作曲され、翌年に初演された『弦楽四重奏曲第2番ニ長調』である。

この曲は、愛妻エカテリーナへの愛情の証(あかし)として捧げられたもので、内容もそれにふさわしく、夢見るような楽想が甘く美しい。全部で4つの楽章からなるが、特に第3楽章「夜想曲」は有名で、弦楽合奏への編曲により単独で取り上げられる機会も多い。

演奏時間はおよそ30分

【お薦め盤】
エマーソン弦楽四重奏団(グラモフォン)

Borodincd


【追記】
youtubeにも数多くの演奏が掲載されています。(2010年2月加筆)

« 伊福部昭 交響譚詩 | トップページ | アルヴェーン スウェーデン狂詩曲第1番「夏至の徹夜祭」 »

作曲家、この一曲(ナ行~ハ行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46318/52251807

この記事へのトラックバック一覧です: ボロディン 弦楽四重奏曲第2番:

« 伊福部昭 交響譚詩 | トップページ | アルヴェーン スウェーデン狂詩曲第1番「夏至の徹夜祭」 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Twitter

無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット