« レーガー 無伴奏ヴィオラ組曲第1番 | トップページ | ティルソン=トーマスの『冬の日の幻想』 »

2006/01/15

プロコフィエフ トッカータ

セルゲイ・セルゲーエヴィチ・プロコフィエフ(1891~1953)は、ロシア(ソビエト)が生んだ大作曲家のひとりであり、生前は指揮者やピアニストとしても活躍した。

Prokofiev

幼少期から母親の指導のもと、音楽の優れた才能を現し、13歳の時、サンクトペテルブルク音楽院でリャードフやリムスキー=コルサコフらに学んだ。
当時より鬼才として名を知られ、その急進的な作風や演奏スタイルが賛否両論を巻き起こしたが、彼はそれを意図的に仕掛けていたと思われるふしがある。

1918年、ロシア革命を避けてアメリカへ亡命。1923年にはフランスを拠点に活動するが、10年後に祖国へ帰国する。その後、映画音楽『イワン雷帝』や『交響曲第5番』をはじめ数々の傑作を生み出し、スターリン賞を幾度も受賞するが、1948年、いわゆるジダーノフ批判の対象になり、健康を害してしまう。

今回ご紹介する作品は、彼が1912年、21歳の時に作曲されたピアノのための『トッカータニ短調(作品11)』である。
曲は、青年期の彼の特徴である冷徹で暴力的な曲調で支配され、重音の連打や3オクターブの跳躍、手の交差など、演奏の難易度はきわめて高い。
『ピアノソナタ第7番』の第3楽章と同様、その不気味さや野蛮さが、かえってやみつきになる名曲である。

演奏時間は約4~5分

下記の「お薦め盤」の他に、アルゲリッチの名演もお聴きいただきたい。

【お薦め盤】
オレグ・マルシェフ(DANACORD)

Prokofievcd


【追記】
名曲なので、youtubeにも数多くの映像があります。(2010年2月28日加筆)
※音や映像の質はよくありませんが、ブラボーと叫びたくなるほどの演奏です。

« レーガー 無伴奏ヴィオラ組曲第1番 | トップページ | ティルソン=トーマスの『冬の日の幻想』 »

作曲家、この一曲(ナ行~ハ行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46318/49356373

この記事へのトラックバック一覧です: プロコフィエフ トッカータ:

« レーガー 無伴奏ヴィオラ組曲第1番 | トップページ | ティルソン=トーマスの『冬の日の幻想』 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Twitter

無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット