« カプレ 赤死病の仮面 | トップページ | ロドリーゴ 交響詩『彼方なる世界を求めて』 »

2005/12/24

ロパルツ レクイエム

フランスのブルターニュ出身のギィ・ロパルツ(1864~1955)は、フランクの系統に属する作曲家である。

弁護士の父の希望で、大学では法学を専攻するも、やがて作曲家を志し、1886年にパリ音楽院に入学、名教師デュボアに和声法、マスネに作曲を学ぶが、その後、フランクとその一派の音楽に触れ、深く傾倒する。

Ropartz

1894年からはパリを離れ、ナンシー音楽院の院長、1919年からはストラスブール音楽院院長を歴任し、経営面でも大いに手腕をふるった。1929年、同院長を退職後は、故郷のブルターニュ地方に戻り作曲を続けた。 また、不慮の死を遂げた親友マニャールの失われた歌劇『ゲルクール』の再構成に尽力したことでも知られる。

5曲の交響曲をはじめ、室内楽曲やピアノ曲、声楽曲など多くの分野で優れた作品を残しているが、とりわけ、1905年に作曲した『交響曲第3番』は、彼自身のテクスト(彼は詩人としても一流であった)に基づく独唱及び混声合唱を伴う大規模な作品で、傑作の呼び声が高い。

今回ご紹介する『レクイエム』は、1937年から翌年にかけて作曲された彼の代表作のひとつ。
合唱にソプラノとアルトが加わる。全体は8つの部分からなり、フォーレやデュリュフレの作品と同じく、劇的な「セクエンツィア(続唱)」や「ディエス・イレ(怒りの日)」を省く一方で、終曲に「イン・パラディスム(楽園にて)」を置いている。

聴く者の心に、深く深く染み入る珠玉の名作であり、例えば、第6曲「アニュス・デイ(神の子羊)」における静謐で透明感のある合唱と管弦楽の絶妙のハーモニーを、ぜひ聴いてみていただきたい。

演奏時間はおよそ35分

【お薦め盤】
ミシェル・ピクマル指揮、ジャン・ワルター・オードリ・アンサンブル、イル・ド・フランス合唱団ほか(ADDA)

Ropartzcd


【追記】
youtubeに音源が掲載されました。(2010年4月加筆)

« カプレ 赤死病の仮面 | トップページ | ロドリーゴ 交響詩『彼方なる世界を求めて』 »

作曲家、この一曲(ラ行~ワ行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46318/50578628

この記事へのトラックバック一覧です: ロパルツ レクイエム:

« カプレ 赤死病の仮面 | トップページ | ロドリーゴ 交響詩『彼方なる世界を求めて』 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Twitter

無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット