« ワインガルトナー ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第1番 | トップページ | シベリウス アンダンテ・フェスティーヴォ »

2005/11/13

グリエール ヴァイオリン協奏曲

ベルギー系ロシア人の大作曲家であるレインゴリト(ラインホルト)・グリエール(1875~1956)は、チャイコフスキーらの流れをくむ作曲家として活躍するとともに、ロシア革命後のソビエト連邦時代では、保守派の重鎮として、また作曲家同盟組織委員会議長としても、重要な役割を果たした。

Gliere

モスクワ音楽院で、タネーエフやアレンスキー、イッポリトフ=イワーノフらに作曲を学んだ後、ベルリンに留学するが、やがてロシア革命が終わる1920年からはモスクワ音楽院で教鞭をとり、プロコフィエフやハチャトゥリアンらを育てる。

代表作としては、『赤いケシの花(作品70)』や『青銅の騎士(作品89)』などのバレエ音楽や『交響曲第3番ロ短調「イリヤ・ムーロメッツ」(作品42)』、『コロラトゥーラ・ソプラノのための協奏曲(作品82)』などが知られる。

今回ご紹介する『ヴァイオリン協奏曲ト短調(作品100)』は、彼の最後の作品となった曲で、死の直前に着手されたものの、死により第1楽章がスケッチのまま残され、弟子のリャトシンスキーがオーケストレーションを補筆完成し、1959年に初演された。

81歳の老人の作品とは思えないほど、哀愁を帯びた瑞々しい音楽が展開される。特に、ハープを伴ったソロヴァイオリンにより提示される第2主題の美しさは格別である。

演奏時間はおよそ18分

【お薦め盤】
西野優子(Vn)、ヨンダーニ・バット指揮、フィルハーモニア管弦楽団(ASV)
※併録の交響曲も、名曲・名演!

Glierecd


【追記】
youtubeで作品を聴くことができます。


« ワインガルトナー ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第1番 | トップページ | シベリウス アンダンテ・フェスティーヴォ »

作曲家、この一曲(ア行~カ行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46318/49505182

この記事へのトラックバック一覧です: グリエール ヴァイオリン協奏曲:

« ワインガルトナー ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第1番 | トップページ | シベリウス アンダンテ・フェスティーヴォ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Twitter

無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット