« ジョン・ウィリアムズ リバティ・ファンファーレ | トップページ | リスト ピアノ協奏曲第2番 »

2005/08/21

シャブリエ 楽しい行進曲

19世紀末、パリで活躍したエマニュエル・シャブリエ(1841~1894)は、その生涯の大半は内務省の官吏として勤め、そのかたわらに作曲をしていたというアマチュア音楽家であった。

Chabrier

幼いころからピアノや作曲を学んだが、父親の意向でパリで法律を学び、内務省の公務員となった。しかし彼は、デュパルクやダンディ、フォーレ、ショーソンなどと交わり、音楽活動を続けた。また、セザンヌやモネをはじめ、印象派の画家との親交を持ったことでも知られている。

1880年に、ワーグナーの楽劇『トリスタンとイゾルデ』を観て大いに感銘を受けた彼は、作曲家として生計を立てることを決意し、内務省を退官することを決意。その後、プロの作曲家としてオペレッタやピアノ作品を中心に作品を発表し、1888年には、レジオンドヌール勲章の栄誉にも浴したが、晩年には経済的な問題や家族の死など、心労がかさむとともに、次第に病魔が彼の体を蝕(むしば)み、53歳で没した。

彼の残した作品で、最もポピュラーなものは、1882年に作曲された管弦楽作品、狂詩曲『スペイン』であるが、今回取り上げる『楽しい行進曲』も短いながら、演奏会でもよく取り上げられる名曲である。

1888年にピアノのための『フランス風行進曲』として作曲され、彼自身の手によって管弦楽曲に編曲。曲は酔っ払ったご機嫌な楽師たちが、千鳥足で家路に向かうという光景をユーモアたっぷりに描いたものといわれる。

演奏時間は約4分

【お薦め盤】
シャルル・デュトワ指揮、モントリオール交響楽団(ロンドン)

Chabriercd


【追記】
youtubeに多くの演奏がアップされています。


« ジョン・ウィリアムズ リバティ・ファンファーレ | トップページ | リスト ピアノ協奏曲第2番 »

作曲家、この一曲(サ行~タ行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46318/55451858

この記事へのトラックバック一覧です: シャブリエ 楽しい行進曲:

« ジョン・ウィリアムズ リバティ・ファンファーレ | トップページ | リスト ピアノ協奏曲第2番 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Twitter

無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット