« クラウス 交響曲嬰ハ短調 | トップページ | スタンフォード アイルランド狂詩曲第1番 »

2005/07/23

シャハムのコルンゴルト『ヴァイオリン協奏曲』  

近年、コルンゴルトの再評価に伴い、代表作であるこの『ヴァイオリン協奏曲ニ長調(作品35)』の録音も数多くリリースされ、演奏会で取り上げられる機会も確実に増加している。ファンにとっては、喜ばしい限りである。

僕がこの曲を知ったのは、イツァーク・パールマンのヴァイオリン、アンドレ・プレヴィン指揮&ピッツバーグ交響楽団によるCD(東芝EMI)を購入したことに始まる。しかし、そもそもこのCDを買おうと思ったのは、カップリング曲のゴルトマルクの『ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調』を聴きたかったからであり、当時は、アメリカの作曲家?のコルンゴルトなど興味もなかった。

さっそくお目当てのゴルトマルクを聴いて、曲の良さは一応わかったが、演奏は生ぬるく、録音がまったくさえない・・・。当時のEMIは、デジタル録音の導入やCD化以降も、相変わらず高音がくぐもったような録音が非常に多く、ジャン・フィリップ・コラールによるサン=サーンスのピアノ協奏曲全集など、ひどい録音(『レコ芸』の録音評は、なぜか点数が高かった)に、深く失望した記憶がある。

その後、しばらく放置していたCDを、なぜまた聴こうと思い立ったのかは今となっては思い出せないが、おそらく初めて耳にしたコルンゴルトの曲を聴いて、「うん? なかなかいい曲じゃないか・・・」と感じたのは確かである。


Korngoldphoto


そして何度か聴き返すうちに、隠れた名曲であることを確信し、この作曲家のことを調べて、彼の恐ろしいまでの神童ぶりに驚き、夢中になった。ちょうど世間でも、コルンゴルトのリバイバルが起こりつつあり、ドイツ北西部に本拠を置き、ユニークな選曲のCDを発売することで話題のCPOレーベルでは、管弦楽曲全集のプロジェクトが進行していたのである。

しかし、相変わらずこのヴァイオリン協奏曲の現役盤は、演奏も録音もいまいちなこのEMI盤しかなかった。「もっといい録音で聴きたい」という想いは募るばかりであった。

そこに登場したのがこの、ヴァイオリン界の俊才ギル・シャハムによる録音である。期待に胸はずませて飛びついたのは当然である。そして、素晴らしい演奏と録音に大いに満足し、しばらく夢中になった。

曲は伝統的な3楽章形式にしたがうが、どの部分をとっても美しさの限りだ。世紀末ウィーンの香りとハリウッドの映画音楽のゴージャスかつセンチメンタルな音世界が絶妙にミックスされている名曲である。

いくぶん線の細さを感じさせつつも、艶のあるシャハムのヴァイオリンの音色は、この曲の性格にぴったりで、恐ろしいまでの超絶技巧を要求されるはずのテクニックの不安を微塵も感じさせない。指揮のプレヴィンもパールマンのときとはうって変わって素晴らしく、ロンドン響の演奏も申し分ない。

その後、初演時からこの曲を愛奏していたというハイフェッツの名演に接し、大いに感銘を受けるなど数多くのCDを聴いてきたが、僕にとってこのシャハム盤は、まったく色あせることない不動のベストワンであり、初めてこの曲を聴く人にも、強くお薦めしたい。

【お薦め盤】
Violin Concertos / Much Ado About Nothing Suite
ギル・シャハム(Vn)、アンドレ・プレヴィン指揮、ロンドン交響楽団(グラモフォン)

1993年録音

Korngoldcd2


« クラウス 交響曲嬰ハ短調 | トップページ | スタンフォード アイルランド狂詩曲第1番 »

名盤発見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46318/50529339

この記事へのトラックバック一覧です: シャハムのコルンゴルト『ヴァイオリン協奏曲』  :

« クラウス 交響曲嬰ハ短調 | トップページ | スタンフォード アイルランド狂詩曲第1番 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Twitter

無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット