« メンデルスゾーン 序曲『フィンガルの洞窟』 | トップページ | クラウス 交響曲嬰ハ短調 »

2005/05/15

グリンカ ヴィオラ・ソナタ

ロシア音楽の祖と呼ばれるミハイル・グリンカ(1804~1857)は、ロシアの民族要素を取り入れた作品を数多くの作曲し、後のロシア五人組やチャイコフスキーらの先駆的な役割を果たした作曲家として知られる。

Glinka

19世紀の初頭、裕福な貴族の家に生まれた彼は、幼いころよりピアノやヴァイオリンをはじめとする楽器に親しみ、作曲にも取り組んだ。やがてイタリアに留学し、数々の優れた芸術に触れる中で、ロシア人としての自覚を強く持つようになり、1836年に発表した歌劇『イワン=スサーニン』は、ロシア人の手による史上初のロシア語オペラとして高く評価された。

現在、最もよく知られているのは歌劇『ルスランとリュドミラ』の序曲(のみ)と思われるが、彼は生涯にわたって室内楽や歌曲の分野で数多くの作品を残していて、今回取り上げる『ヴィオラ・ソナタニ短調』は、比較的有名な作品のひとつである。

この曲は、彼がイタリアに留学する前、20歳をすぎたばかりの1825年から1828年にかけて作曲されたが、当時手がけていた弦楽四重奏曲などと同様、未完のまま残されることとなった。

全体は3つの楽章で構成されるはずだったが、第2楽章アンダンテの終結部が欠落しているとともに、終楽章のロンドはスケッチのみが残された。1931年にヴァディム・ボリゾフスキーによって第2楽章が補筆された。また、近年になって、同時期に作曲された作品をもとに3楽章版の試みもなされるようになったといわれるが、僕は未聴である。

第1楽章のアレグロ・モデラートの冒頭、ヴィオラによって奏されるメランコリックなテーマは一度聴いたら忘れられないほど魅力的である。続く第2楽章はピアノが主導する穏やかなテーマが美しく、途中、短調になり感情が揺れ動くが、やがて静かに曲は閉じられる。

なお、この曲はヴァイオリン・ソナタとして演奏されることもある。

演奏時間は約17分

【お薦め盤】
今井信子(Vla)、ローランド・ペンティネン(Pf)(BIS) ※2楽章版

Glinkacd


【追記】
youtubeにも数多くの映像が掲載されています。(2009年2月1日加筆)


« メンデルスゾーン 序曲『フィンガルの洞窟』 | トップページ | クラウス 交響曲嬰ハ短調 »

作曲家、この一曲(ア行~カ行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46318/51666442

この記事へのトラックバック一覧です: グリンカ ヴィオラ・ソナタ:

« メンデルスゾーン 序曲『フィンガルの洞窟』 | トップページ | クラウス 交響曲嬰ハ短調 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Twitter

無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット