« パガニーニ ネル・コル・ピウ | トップページ | レクオーナ マラゲーニャ »

2005/04/24

ラッソ 死者のためのミサ曲 

後期ルネサンス期におけるフランドル楽派最大の作曲家オルランド・ディ・ラッソ※(1532~1594)は、生涯に2千曲を超える楽曲を残したことで知られている。※「オルランド・ド・ラッスス」ともいう。

Lassus

現在のベルギーのモンスで生まれ、幼少期から地元の教会合唱団員となった。12歳の時にイタリアに渡り各地の王侯に仕えた後、帰国。1556年にバイエルン候アルブレヒト5世に宮廷音楽家として招聘されて以後は、終生ミュンヘンを拠点に活動した。

1570年以降、イタリア・フランス・ドイツ各地を幾度も訪れ、当時のさまざまな作曲技法に精通していたとされ、特に彼が確立した「ムジカ・レゼルヴァータ」と呼ばれる半音階的和声は、ルネサンス期におけるポリフォニー音楽の最上の表現方法といわれている。その名声は広くヨーロッパに及び、「音楽帝王」「天才オルランド」とも称された。

今回取り上げるのは、代表曲の一つとされる『死者のためのミサ曲』である。彼は生涯に2曲の同名の作品を残していて、それぞれ4声と5声のためにつくられている。1577年に出版された4声のためのミサ曲は、全体が8曲で構成されていて、全編にわたって、各声部が織り成す精緻で豊かな色彩と、そのポリフォニックな変化が殊のほか美しい。

演奏時間は、およそ33分

【お薦め盤】
ヒリヤード・アンサンブル(ECM)

Lassuscd


【追記】
youtubeに、いくつかの音源が掲載されています。(2012年8月19日加筆)


« パガニーニ ネル・コル・ピウ | トップページ | レクオーナ マラゲーニャ »

作曲家、この一曲(ラ行~ワ行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46318/55458615

この記事へのトラックバック一覧です: ラッソ 死者のためのミサ曲 :

« パガニーニ ネル・コル・ピウ | トップページ | レクオーナ マラゲーニャ »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Twitter

無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット