« ヤナーチェク 弦楽四重奏曲第1番「クロイツェル・ソナタ」 | トップページ | サラサーテ サパティアード »

2005/03/27

ケルビーニ 歌劇『アナクレオン』序曲

イタリア出身の作曲家ルイジ・ケルビーニ(1760~1842)は、『メデア』や『ファニスカ』などの一部のオペラを除き、現在では演奏される機会に恵まれているとは言えないが、生前は、ハイドンやベートーヴェン、シューマン、ブラームスなど多くの作曲家から賞賛を集めるとともに、1822年からはパリ音楽院院長として後進の指導にもあたるなど、音楽界の重鎮として幅広く活躍した大音楽家であった。

Cherubini

幼少期から父親の指導で音楽を学び、22歳でパリに移り住みオペラ作曲家としての道を歩み始めた。1805年にウィーンに出て以降も、フランス語によるグランド・オペラを次々に発表し、彼の名声は高まる一方だったが、やがて1810年前後を境に、宗教音楽を数多く手がけるようになる。

とりわけ1816年、ルイ16世追悼のために作曲された『レクイエムハ短調』は大きな成功を収め、ベートーヴェンが、「自分がレクイエムを作曲するとすれば、ケルビーニが手本になるだろう」と賞賛を惜しまなかったほどである。

さて、今回取り上げる歌劇『アナクレオン(逃げた愛の神、またはつかの間の恋)』序曲は、1803年にパリのオペラ座で初演された古代ギリシャの詩人アナクレオンを主人公にした作品で、2幕からなる作品の冒頭で演奏される作品。ラルゴ・アッサイの序奏からアレグロの主部、そして壮大なコーダへ続く展開がきわめてドラマティックでスケールが大きく、トスカニーニやフルトヴェングラーなど歴代の名指揮者が、戦前より好んで取り上げたことでも知られている。

今回ご紹介する巨匠カラヤンによる演奏も、曲の魅力を最大限に引き出した名演奏である。

演奏時間は約11分

【お薦め盤】
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(東芝EMI)

Karajancd


【追記】
アルトゥーロ・トスカニーニ指揮&NBC交響楽団.の名演(※モノラル音源)がyoutubeに掲載されています。


« ヤナーチェク 弦楽四重奏曲第1番「クロイツェル・ソナタ」 | トップページ | サラサーテ サパティアード »

作曲家、この一曲(ア行~カ行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46318/50777363

この記事へのトラックバック一覧です: ケルビーニ 歌劇『アナクレオン』序曲:

« ヤナーチェク 弦楽四重奏曲第1番「クロイツェル・ソナタ」 | トップページ | サラサーテ サパティアード »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Twitter

無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット