« 兼田敏 吹奏楽のためのパッサカリア  | トップページ | フローラン・シュミット 協奏的交響曲 »

2005/02/27

ペルト パリ・インテルヴァロ(断続する平行)

現代エストニアの作曲家アルヴォ・ペルト(1935~  )は、僕にとっては、どのカテゴリーや楽派にも属さない「孤高の作曲家」というイメージがある。その印象は、彼の独特の風貌や語り口に影響されていることもあるが・・・。

Prt

僕自身、彼の熱心な聴き手ではないので、彼の音楽の持つ特徴や魅力について、この場で自信を持って語ることは残念ながらできない。詳細については、彼のウェブサイト(英語)をご覧いただければ幸いである。

彼の音楽は、一聴するとルネサンス時代の音楽、いやそれ以前の教会音楽のようでもあり、現代のミニマルミュージックに聞こえる瞬間もある。いずれにしても彼の音楽のアイデンティティは宗教音楽、とりわけ東方教会の影響を強く受けていることが挙げられよう。

彼の作品には、『ヨハネ受難曲』(1982)や『スターバト・マーテル』(1985)などのように声楽のために書かれたものが有名であるが、今回ご紹介するのは、オルガン独奏のための『パリ・インテルヴァロ(断続する平行)』(1978~1980)である。

表題は、新約聖書の一書である「ローマ人への手紙」から採られているが、具体的なテクストとして利用されているわけではない。どこがどう魅力的なのか、言葉で説明することは難しいのだが、オルガンによる単調な調べが繰り返しのように響く中、とても根源的で重要なことが、静かに語られているような気がするのだ。僕にとって「魂の音楽」とでもいえようか。

なおこの曲は、後に作曲者により、リコーダーアンサンブル、クラリネットとトロンボーン&弦楽合奏などに編曲されているが、2004年には弦楽と合唱による『ダ・パーチェム・ドミネ(主よ、平和を与えたまえ )』がつくられている。

演奏時間はおよそ6分

【お薦め盤】
クリストファー・バウアーズ=ブロードベント(ECM)

Partcd


【追記】
youtubeに、無伴奏合唱版による演奏が掲載されています。

<無伴奏合唱版>


« 兼田敏 吹奏楽のためのパッサカリア  | トップページ | フローラン・シュミット 協奏的交響曲 »

作曲家、この一曲(ナ行~ハ行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46318/50851426

この記事へのトラックバック一覧です: ペルト パリ・インテルヴァロ(断続する平行):

« 兼田敏 吹奏楽のためのパッサカリア  | トップページ | フローラン・シュミット 協奏的交響曲 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Twitter

無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット