« イッポリトフ=イワーノフ 聖金口イオアン聖体礼儀 | トップページ | 矢代秋雄 ピアノ協奏曲 »

2005/01/30

コープランド クラリネット協奏曲

ガーシュインやバーバーなどとともに、20世紀のアメリカを代表するの作曲家のひとりであるアーロン・コープランド(1900~1990)は、歌劇や管弦楽曲をはじめ、協奏曲、室内楽曲などあらゆる分野において数多くの優れた作品を残している。

Copland

ピアノを習い始めたのが14歳になってからという遅咲きの音楽家であったが、それゆえ自分があえて作曲家として生きてゆこうと決意する中で、何をバックグラウンドとしていくべきかを真剣に考えたと思われる。おそらくそれは、作曲の師であったナディア・ブーランジェの後押しもあったのではないだろうか。

それまでのアメリカの作曲家が、多かれ少なかれヨーロッパ音楽の範疇から抜けることができなかった中で、彼はアメリカ人(黒人やインディアンを含めた)によるアメリカ独自の音楽を追求し、聴衆にも親しみやすい音楽を作曲した。

パリから帰国後、彼はアメリカ音楽の調査・研究に傾注し、その成果として作曲された一連のバレエ音楽『ビリー=ザ=キッド』や『ロデオ』、『アパラチアの春』は、開拓時代のアメリカ西部の音楽をほうふつとさせるもので、彼の名を一躍高めることになった。

今回取り上げる『クラリネット協奏曲』は、1948年に、「スウィングの王様」の異名を持つジャズ界のクラリネットの名手ベニー・グッドマンの委嘱により作曲された作品。ジャズの要素をふんだんに取り入れるとともに、作曲当時訪れたブラジルのポピュラーソングのメロディーも引用される。

曲は大きく分けて2つの部分からできているが、連続して演奏される。
冒頭、印象派風のゆるやかな旋律に始まり、カデンツァを経てクラリネットの運動性と多彩な音色を生かしたジャズやブルース、ラテン風の音楽が次々と現れ、華麗に展開してゆく。

演奏時間は約18分

【お薦め盤】
ポール・メイエ(Cl)、デイヴィッド・ジンマン指揮、イギリス室内管弦楽団(日本コロムビア)

Coplandcd


【追記】
youtubeに、ベニー・グッドマンの独奏、作曲者の指揮による世紀の名演が掲載されています。
ぜひご覧ください。(2009年12月1日加筆)


« イッポリトフ=イワーノフ 聖金口イオアン聖体礼儀 | トップページ | 矢代秋雄 ピアノ協奏曲 »

作曲家、この一曲(ア行~カ行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46318/50816680

この記事へのトラックバック一覧です: コープランド クラリネット協奏曲:

« イッポリトフ=イワーノフ 聖金口イオアン聖体礼儀 | トップページ | 矢代秋雄 ピアノ協奏曲 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Twitter

無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット