« ヨハン・シュトラウス2世 ロマンス第2番 | トップページ | リムスキー=コルサコフ 弦楽四重奏曲ヘ長調 »

2004/09/26

松村禎三 ピアノ協奏曲第2番

戦後の日本を代表する作曲家の一人である松村禎三(まつむら・ていぞう 1929~2007)は、映画音楽の分野では『忍ぶ川』や『龍馬暗殺』をはじめ、多くの仕事を残しているが、純音楽では寡作として知られている。

作風は、作曲の師である伊福部昭の影響を受けつつ、よりアジア的な広がりを感じさせるとともに、生涯にわたってオスティナートの技法に基づく、緻密な音世界の構築を追求し続けた。

Teizomatsumura_2

個人的な思い出として、当時のラジオ番組「百万人の音楽」に数週にわたって出演され、ホスト役の芥川也寸志・野際陽子両氏と、さまざまな音楽談義を繰り広げたことが、今でも深く印象に残っていて、その番組で紹介された『管弦楽のための前奏曲』や『暁の讃歌』などを、後になって買い求めた記憶がある。

1978年作曲された、この『ピアノ協奏曲第2番』も、そのころに聴いた作品で、僕は当時、学生だったが、FM放送をエアチェックしたカセットテープで、この曲を何度も何度も、繰り返し聴いた。

主な聴きどころは次のとおり。

第1楽章 独奏ピアノの執拗な3連音符の連続。クラリネットの高音域で奏される奇妙でありながら魅力的な副主題。ラストの横笛のような音と弦のバルトークピチカートによる印象的な終止。

第2楽章 瞑想のような静けさと突然の爆発。後半、不思議なまどろみのような音楽から、徐々に緊張感が高まり、最後はピアノのオスティナートがもたらす声明のような効果等々。 

現代音楽ではあるが、フォルムが明確であり、全編にただよう東洋的な雰囲気も素晴らしい。矢代秋雄や吉松隆などの作品とともに、現代日本のピアノ協奏曲の傑作として紹介したい。

なお、この作品は第10回サントリー音楽賞と第27回尾高賞を受賞している。

演奏時間は、およそ32分

【お薦め盤】
野島稔(pf)、岩城宏之指揮、東京都交響楽団(カメラータ)

Teizomatsumura

【追記】
死亡年齢を加筆。(2007年8月6日)
※恩師である伊福部昭氏を追うかのように逝去された。合掌・・・。

« ヨハン・シュトラウス2世 ロマンス第2番 | トップページ | リムスキー=コルサコフ 弦楽四重奏曲ヘ長調 »

作曲家、この一曲(マ行~ヤ行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46318/49214281

この記事へのトラックバック一覧です: 松村禎三 ピアノ協奏曲第2番:

« ヨハン・シュトラウス2世 ロマンス第2番 | トップページ | リムスキー=コルサコフ 弦楽四重奏曲ヘ長調 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Twitter

無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット