トップページ | 2004年8月 »

2004年7月

2004/07/31

ジュリーニ&ベルリン・フィルによる『第9』

最初は、この名曲の名演CDをご紹介。

フルトヴェングラー、カラヤン、ベームをはじめ、最近のノリントン新盤など・・・所有している名演は数あれど、なかなか「これだ!」という決定盤が見つからない。

特に終楽章が難しい(多くの原因は、独唱者にある)。もちろん、この演奏も例外ではない。合唱はいいが、バリトンがいまいち・・・。

でも、この演奏をお薦めする理由は他にある。第3楽章アダージョの冒頭のアイデアが素晴らしいのだ!3小節目からのヴィオラパートが主旋律の合いの手のように奏でる属音(F音)を強調することで、えも言われぬ静謐(せいひつ)で奥行きのある音空間をつくりだしている。

もうそろそろ・・・かもというジュリーニ氏。今や新譜も出なくなったけど、ブラームスの交響曲をはじめ、太く渋いカンタービレを奏でる演奏スタイルは、けっこう僕好みである。

「第九マニア」にこそ聴いてもらいたい1枚。

【お薦め盤】
ベートーヴェン:交響曲第9番
ジュリーニ指揮ベルリン・フィルハーモニー交響楽団ほか(グラモフォン)

Beethoven_op125

2004/07/30

いよいよ・・・

ブログというものを始めたいと思う。

今まで、クラシック音楽を中心に、本当にたくさんのレコードやCD、コンサートを聴いてきました。
これまでの人生の大半が、音楽との生活だったといっても過言ではありません。

昔から折々、友人にお薦めの音楽をテープに録音したりして喜ばれていたけれど、もっともっと多くの人に知ってもらいたいと思っていました。

今回、このページを開設するにあたり、これまでの経験を踏まえ、どちらかといえばあまり知られていない曲中心に少しずつ取り上げてみたいと思う。

この作業は、ある意味自分自身の心の整理のためかもしれない・・・、ためらいも少しあるけれど。

でも、何もしないよりましだよねぇ。

Cut_051


なにぶん気まぐれなので、気長におつきあいください。

では、よろしく!

トップページ | 2004年8月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Twitter

無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット